【人付き合いが下手な人の特徴】克服して人生を変える方法を徹底解説!

人付き合いが苦手で学校や職場で辛い思いをしている人は意外と多いのではないでしょうか。

何をするにも他社と上手く関わり合えないとストレスが溜まる一方です。

ここでは、人付き合いが苦手な人の特徴や心理と改善方法をご紹介していきます。

人付き合いが下手な人の特徴

人付き合いが下手な人は、いくつかの共通点があります。

それは、

  • 人の目が見られない
  • 人と話すことが苦手
  • 自分の空に閉じこもりがち
  • 人の気持ちが理解できない

人付き合いが下手な人は、まず人の目をまっすぐ見ることが苦手です。

目と目が合うと、恥ずかしくなって途端に逸らしてしまったり、初めから人と目を合わせなくて済むようにうつむきがちでいることが多いのです。

また、人付き合いが下手な人は、話すという行為自体が苦手であり、自分の意見を人に伝えたり、自分から人に話しかけることをなかなかしようとはしません。

ですから、周囲からは「うつむいてばかりで根暗な人」と思われてしまったり、「話しかけても会話が弾まないから一緒にいて全然楽しくない」と思われてしまうのです。

すると、行動範囲が狭まり、人との接触を避けるようになります。

1人で部屋に篭っていては、ただでさえ人とのコミニケーションがニガテだというのに、コミニケーションをとる機会すらなくなってしまうので、ますます人付き合いが下手くそになってしまうのです。

人付き合いが苦手な人の中には、無意識に発した言葉で人を傷つけてしまったり、よくトラブルを起こしてしまう人思います。

そういった人に共通しているのは、「人の気持ちがわからない」ということです。

自閉症スペクトラムの症状の中にも、「相手の気持ちはよくわからない」というものもありますが、自閉症スペクトラムの診断がついていない人でも、人の気持ちを想像して行動することができない人は、多くの場面で人付き合いのトラブルを起こしてしまうのです。

人付き合いが下手な人の心理

人付き合いが苦手な人が人前にして喋るときに口ごもってしまったり、積極的に話しかけられないのは一体どうしてなのでしょうか。

1番の原因は、「自分への自信のなさ」の表れです。

「自分は面白おかしく話せない」

「こんなことを言ったら相手はどう思うだろうか…。」

「相手は自分のことを好きでは無いかもしれない」

などと、ネガティブな心理が働いているのです。

自分に自信さえあれば、たとえ間違った発言をしてしまっても堂々としていられます。

「誰にでも間違いはある」とポジティブに考えられるからです。

ところが自分に自信がない人は、

「間違えたら恥ずかしい」

と思ってしまうので、自分の考えや意思を人に伝えることができないのです。

何より、人付き合いが下手な人は自分のことを「人付き合いが下手な人間」と思い込んでいるのです。

人間は、できると思っていることができるし、できないと思っていることがいつまでもできないのです。

人付き合いを改善したいなら「人付き合いが下手」という思い込みを捨てる

人付き合いが下手な自分を卒業して、周囲と上手にコミニケーション取りたいと思ったら、「人付き合いが下手」と言う思い込みを捨ててしまうことです。

人付き合いが下手な人は、この自分の勝手な思い込みに縛られてしまっているのです。

本当は、人付き合いが下手でも何でもないのかもしれません。

ただ、今まで「自分は人付き合いが下手だ」と思ってきたわけですから、急にその意識を変える事は簡単ではないでしょう。

ですから、少しずつ、少しずつ自分の意識を変えていくしかないのです。

自分自身を見つめ直したとき、自分の長所がパッと思いつくでしょうか?

1番初めに思いついた自分の長所をとにかく前面に押し出していきましょう。

人は苦手なことにとらわれるより、自分が得意なところを伸ばしてあげたほうが、自分自身の心にもゆとりが出来き、それが表情にも現れます。

そして自分の得意分野を生かして人に必要とされる経験を積むことで、自分に対する自信が生まれます。

それを積み重ねていけば、自分を愛することができるでしょう。

そうすれば不思議なことに、自然と苦手だったことも出来るようになるものなのです。

「自分に自信を持ち、自分自身を愛する」ということは、人付き合いを上手くするにも、仕事で成果を上げるにも、恋愛面でもとても大切なことなのです。

人付き合いが上手い人の真似をすると人付き合いは上手くいく!

では、具体的に人付き合いが上手くなる方法をご紹介します。

スポーツでも、歌を歌うにも、何かを上達させようと思ったら、まず手本を見てから練習をスタートさせませんか?

真似をしてコツを掴めば、初めて挑戦することだってできてしまうでしょう。

人付き合いもこれと一緒です。

あなたの周りに社交的で、友達が多い人や、誰からも好かれるキャラクターの人など、人付き合いがうまいと思える人間はいないでしょうか?

その人たちが人から好かれるのには理由があります。

しかし、その人たちがなぜ友達が多いのか、なぜ周囲から愛されるのかを分析する必要はありません。

ただ、その人たちが使っている口癖や、行動を少し真似てみれば良いのです。

例えば、誰かが喋ったときに、

「へぇ、そうなんだ!それから?」

「凄いね!」

など、巧みに相槌を打ってはいないでしょうか?

人の話を聞くときは、体を話している人に向けて、笑顔で話を聞いていないでしょうか?

そんな些細なポイントを真似てみるだけで、コミニケーション能力が格段にアップするはずです。

自分のトーク力に自信がない人は、ぜひ聞き上手を目指してみてください。

相手に気持ちよく話をさせることができる人は、話が上手い人よりも間違いなく人から好かれます。

聞くスキルを身につけて、人付き合いのコンプレックスを解消しましょう。

まとめ:人付き合いは苦手より、得意な方が人生得することが沢山あります。

人付き合いが上手くなれば、仕事も円滑に進みますし、友達も増えプライベートも充実するはずです。

人付き合いに対するコンプレックスを感じている人は、今一度自分を見つめ直してみましょう。

そして、少しだけ変わる勇気を持って行動してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です