人付き合いが苦手な人の対応策を解説【自分に自信を持つ方法】

こんにちは、ミズキです。

人付き合いが苦手です。人付き合いが苦手な自分でも自分に自信を持って、相手を傷つけないで済む方法ってありますか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

自分に自信がない人は、人付き合いも苦手な人が多いです。

それは、他人の前や友達の前で堂々と振る舞えず周りの目を気にしてしまうからです。

そのような人の価値観は、他人の評価を自分の価値だと思ってしまうようで、どうしても周りの人間に期待されたいと考えてしまうのです。

そして周りの人間の期待に応えられないと判断しがちなので、周囲の人間から目を背けてしまうのです。

その考えかたが、人間関係においての人付き合いを苦手にしていき、自分にとって気負いしない相手だけ付き合うようになってしまうようです。

人付き合いが苦手な人は返事が単調な人が多い

人付き合いが苦手な人は会話ができず、その特徴として返事が相槌しかしないことです。

なぜならば、相手が質問をしたとしても「うん」や「はい」 などといった言葉のみでは会話が成り立たないのです。

特に初対面なら尚更、会話もお互いにしずらい状態の中では、会話のキャッチボールができていないと相手から話し難いと思われてしまいます。

自分からしたらどう話せば良いのか分からないと思っても、相手からは自分に興味がないのだと判断されてしまうこともあります。

どう話して良いのか分からなくても、相手と話しということは心がけた方が良いです。

自分のことだけを考えてしまい余裕がない人は人付き合いが苦手

自分に余裕がない人は、積極的に話しかけても人付き合いが悪いと思われてしまいます。

相手のことを考えることをしないで、自己主張ばかりしてしまうと人は近寄るどころか離れて行ってしまいます。

そしてどんなに人を引き寄せるのが上手かったとしても、深く付き合っていくにつれ人付き合いが悪い人の方の人に考えられてしまうのです。

自分が人付き合いが得意だと思っていても、自己主張ばかりしていると人付き合いが苦手だと考えられてしまいます。

人付き合いが苦手な人は色んな人に挨拶をしてみる

人付き合いが苦手な人は、人と話したりするのが苦手な人が多いので、他人に苦手意識のある人は挨拶をすることから始まるのも一つの方法です。

人付き合いと考えると難しいことでも、人付き合いよりも挨拶をすると考えるとできそうで、挨拶をしていると人付き合いの苦手意識が薄れる可能性も大きいです。

そして自分から挨拶することによって、相手も挨拶を返してくれるので慣れてきたら少しずつ、天気の話しなどをしていくと人付き合いの苦手意識が減っていくようです。

人付き合いが苦手な人は聞き役になってみるのも大切

人付き合いが苦手な人は、人との会話が苦手という人も多いので、人の話しを聞く聞き役になってみるのも一つの対策です。

人付き合いが苦手な人の特徴として、自分の話しばかりをしてしまったりするケースが多いので、相手の話しをじっくり聞いてみるのも良いです。

聞き役に回ってみることで、相手のことを知ることができて今まで以上により良い付き合いかたを探っていくことができます。

そして相手の好きな会話や話題を知ることで、付き合いやすくなっていきます。

このように聞き役に自分がなることで、相手のことを知ることを習慣づけていくと人付き合いの苦手意識も改善できるようです。

人付き合いが苦手な人でも最低限の身だしなみも必要

身だしなみを整えてないと、見た目からして人は寄ってこないものです。

靴がボロボロだったり、髪の毛のボサボサだったりすると自分がどんなに人付き合いをしたいと思ってもなかなか理解してくれる人いません。

また、表情などで人を寄せ付けないような顔をしていると寄ってくる人も少ないです。

凄く高い服装でなくても良いので、表に出ても失礼に当たらないような服装をしていると人も話しかけやすくなります。

また、表情も困った顔やイライラしている顔は、相手からすると気難しく感じが悪い人だと取られてしまいます。

人付き合いを良くするには、思っていることも顔に出さないことも必要です。

人付き合いが上手い人を観察するのも大切

人付き合いが苦手な人は、どのように人と接すれば良いか分からない人も多いです。

そのようなときには、一番早いのは付き合いかたが上手い人の真似をすることです。

本などに書いてあることだと文章のためにイメージしづらいのですが、具体的に身近な人を真似すればどんな方法も取れば良いのかイメージしやすいです。

また、観察しているだけは忘れてしまうこともあるので、できるだけ早くメモを取ったり、自分がその行動を真似して試してみるのも方法の一つです。

このように、実際に見て真似をするということを繰り返し行うことで苦手意識がなくなってきます。

人付き合いが苦手でも積極的にイベントに参加してみる

人付き合いが苦手な人は、人が集まるイベントに積極的に参加することです。

基本的に、人付き合いが苦手な人は人が集まる場所も苦手なために人がたくさん集まる環境に行ってみるのも方法の一つです。

それは苦手といって一人で過ごしていても話すことに慣れていくことがないからです。人と接する状況を作り出すことで、人付き合いを自分なりに模索していくことが大切です。

すると行った先で、実際に周りの人たちがどのように接しているのかや、どのように話しかければ良いのか色んな人と付き合うことで慣れていきます。

そして慣れていくと人付き合いをして話しをするときには緊張しなくなるので、人付き合いの苦手意識もだんだん減っていきます。

このように人付き合いな苦手な人を考えてみると、本当は人付き合いをしていきたいと思っている人がたくさんいます。

しかしほとんどの人がその方法が分からなくて悩んでいるのだと思いました。

とは言うものの、人付き合いが苦手な人でも克服できそうな方法も中にはあるのです。

特に挨拶をするということに関しては、挨拶をしたほうもされたほうも気持ちが良いものだと思うので、取り入れていくと良さそうですね。

また、人付き合いが上手い人の真似をするのも得策です。

なぜならば、身近な人を見ることでそれを自分で実践しようとする気持ち自体が前向きな考えかたで良いことなのです。

それに加えて真似することでどんどん自分のものにしていき、アレンジなどもできると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です