人付き合いが苦手でもできる仕事ってありますか?【介護職がおすすめの理由とは?】

こんにちは、ミズキです。

人付き合いが苦手な私でも、できる仕事ってありますか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

人付き合いが苦手な人は仕事に就きにくいと思われがちです。

人が社会で生活をするにあたっては、人付き合いというものは欠かせないです。

幼いころには近隣の同じくらいの子どもたちと公園や子育て支援センターなどで遊び、幼稚園あるいは保育園に入園すると集団生活を始め、その後学生時代でも社会人になっても、そして専業主婦をしていても子どもの学校や習い事などの関係で多少なりとも人付き合いはしなければいけないものです。

この人付き合いに関しては仕事や地域、学校など最低限必要なものだけでなく、ボランティアやサークルなど必須ではないものにも積極的に参加して増やすことをためらわない、むしろ人付き合いを楽しんでいるという人もいれば、最低限の付き合いさえも苦痛に感じて心身に不調を抱えてしまう人もいます。

そのような人の中には人付き合いがあまりにも辛くて引きこもりの生活をしてしまう人もいて、現在そのような引きこもりの人たちをどのように支援するかということが大きな社会問題になっています。

人付き合いが苦手な人でもできる仕事はあります

しかし人付き合いが苦手ということでずっと自宅に引きこもっていては、仮に今は生活を支えてくれる家族の存在がいたとしても将来的には家族がいなくなったりして生活ができなくなるおそれもあります。

そのため、学校を卒業すれば生活のためにも何らかの仕事をする必要が出てきます。

ただ仕事においても人付き合いは自ずと発生するもので、中には接客や営業など仕事中ずっと人に接するような業種も多いですが、業種や職種によっては人付き合いがそれほど多くない、あるいはあったとしてもそれほど難しくないものもあります。

つまり人付き合いが苦手な人でも就きやすいものもあることから、そのような仕事を探して就業するのがおすすめです。そのため自分は最初から人付き合いが苦手だからということで仕事に就くのを諦めるべきではないのです。

人付き合いが苦手でも就ける仕事の特徴について

人付き合いが苦手な人でも就ける仕事の特徴はいくつかありますが、まずは自宅にいながら仕事ができるものが挙げられます。

現在企業に勤務している妊娠中や育児中の女性の中には、通勤が大変ということで主に在宅ワークをインターネットを通じて行っていてその場合には人とのやり取りはインターネットを通じたメールや電話程度になり、基本家族以外の人と接する時はほとんどありません。

この在宅ワークに関しては企業に勤めながらするだけでなく、最初から在宅ワークの道を選んで自営業として仕事をする人もいます。

在宅ワークの内容はライターとして記事を作成したりあるいはデザインを依頼されたら制作するというものであり、中には高度な技術を必要としないものもあるため初心者でも取り組みやすいものです。

また製造業は主に工場で機械を扱って作業をすることから、上司からの指示を受けたりする以外はほとんど機械に向かって仕事をしている状態です。

なので人付き合いが苦手だったとしても就業するには問題はありません。同様にオフィスなどでデータ入力をするような仕事も基本はパソコンに向かってやるような仕事であることから、それほど人付き合いを気にする必要がありません。

このように人付き合いが苦手な人は自宅でできる仕事、あるいは機械を相手に仕事をすることで問題なくこなせることが多いです。

人付き合いが苦手でもできる意外な仕事について

このように人付き合いが苦手な人は基本自宅で仕事をする、あるいは機械を相手に仕事をするのが適しているということでしたが、実は一見人としょっちゅう接していて人付き合いが苦手だと思われる仕事の中でもトラブルなくこなせそうな仕事もあります。

介護の仕事は主に高齢者の利用者と接することが多く、人付き合いが欠かせないものに見えます。

確かに認知症など利用者によってはうまく納得させるなど人付き合いには欠かせない話のスキルが重要視されることもありますが、介護度の高い寝たきりの利用者や介護度の低い自立をしている利用者と接する場合、人付き合いが苦手であっても無理なく対応できることが多いです。

利用者の中には普段は自宅で1人でいて話し相手もおらず寂しい思いをしている人も多いです。

そのような状況で訪問介護やデイサービスを利用していると、話はうまくできなくてもただ身の回りの世話をして利用者の話を聞くだけでも喜んでもらえることが多いです。

また寝たきりの利用者の世話に関しては主に身体介護となり、話をしたいと思ってもできない状態の人が多いということから人と接する能力よりも体力や介護のスキルがあることの方が重要となってきます。

さらに現在は介護の仕事は多様化していて、利用者が就寝している夜間帯のみの業務に就く人もいて多くの介護事業所も夜勤専門のスタッフを募集していることが多いです。

そのような状況であれば日勤帯のように利用者と話す機会も減少するということで、人付き合いの苦手な人があえて就いていることも多いです。

さらに介護の人員は常に不足していて、これまで人付き合いが苦手だという理由で仕事をしていなくても応募した時点で意欲があるとみなされて採用される可能性が高いです。

実際に現在引きこもりの支援として介護の研修を行って就業してもらうという取り組みがされつつあるということで、その点からもおすすめできるものなのです。

人付き合いが苦手でも仕事は諦めるべきではないのです。

まとめ

このように人付き合いが苦手だとしても人付き合いを最低限にできるような仕事、あるいは接する相手によっては人付き合いがあったとしても無理なくこなせることがほとんどです。

現在は労働人口も少なくなってきていて、仮に今まで人付き合いが苦手で仕事を避けてきたという人でも、就職後手厚いサポートのもと就業できるような時代になっていていることから、必要に応じて自治体の専門機関に相談しましょう。

あるいはインターネットで同じように人付き合いの苦手な人が、どのようにして仕事をしているかということについて情報を入手してl自分も同じように仕事をしていくのが、適している方法なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です