【30代女性の仕事の向き合い方は?】やりがいを持って楽しむことを意識する

こんにちは、ミズキです。

30代になってから仕事の考え方に自信がなくなりました。世の中の30代の女性はどんな気持ちで仕事に臨んでいるのでしょうか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

30代女性は、もう勢いや夢だけで突っ走る世代ではありません。

結婚して家庭のために働く人も、自分自身の満足のために働く人も、大切な私生活があるのです。

私生活をないがしろにして働くことはおすすめできません。

有給休暇はきちんと取得する、残業ばかりして仕事終わりの時間をだらだら過ごさない、時には転職して私生活の充実を手に入れるなど、私生活を守ることがやりがいとなるような働き方をつくっていきましょう。

最も気をつけないといけないことは、仕事の合間に私生活があるような考え方です。

これは、家事とパートを両立する人も男性顔負けの働き方をしている人も同じです。

どれほど楽しい仕事でも、希望した職種や業種でも、仕事が私生活に勝ってしまうような働き方をしてしまうと、あなたのやりがいはいつか必ず楽しいものではなくなります。

私生活を充実させることは決して仕事をさぼったり手を抜いたりすることではありません。私生活は仕事のやりがいになり得るのです。

30代女性の仕事のやりがいは20代との違いにある

なぜ、30代女性の仕事のやりがいが私生活を守ることなのかお話します。理由は3点あります。

1点目は、20代のときよりも視点が広くなっていることです。

2点目は、20代から30代になるときの人間関係の変化です。

3点目は、30代の親世代の状況です。

20代のときよりも視点が広くなる

20代は30代のときのように社会が明確に見えていません。

なので、私生活どころではなく、業績や出世にばかり捉われた継続性のない働き方に陥りやすいのです。

その働き方を転換させ、私生活をやりがいにするよう転換させる時期が30代なのです。

20代のときは、ひとまず高校や大学を卒業し、なんとか就職したばかりの時期です。

アルバイト経験は社会人の仕事のしかたとまるで違うことに驚いたり、先輩はみんな素晴らしい人に見えたりします。

しかし、30代になるとおそらく働き方に慣れ、先輩もすごい人ばかりではないと気づきます。

がむしゃらに時間をかけなくてもプロセスを考えて結果を出すこともできるようになっています。

業績をやりがいにしてしまうと、会社経営が傾いたり社会情勢が変わったりしたときに挽回できません。

仕事と生活のバランスを重視することが幸せなのだと気づくチャンスが30代です。

20代から30代になるときの人間関係の変化

友達や先輩後輩の結婚、妊娠と出産、転勤、転職、周囲の様々な変化に直面するのが20代後半から30代にかけてです。

この時期が、自分にとって大切なことは何か考える良い機会です。結婚して仕事を続けたい、あるいは報酬の増加を目指したいので転勤でも転職でもなんでもしたいなど、自分自身の大切にする人生のイベントが何かわかるでしょう。

まだ20代の頃は、いつか自分も結婚するとか、そのうち出世するだろうとか未来予想が曖昧なのです。

しかし、30代は周囲の人々と自分自身を比較することができるので、未来も想像の範囲ではなく自分で形成していくものに変わるのです。

私生活をベースにやりがいを考えると、仮に転職して職務内容が変わっても目標が変わりませんし、育児によって働き方が変わっても幻滅することがありません。

30代の親世代の状況

30代の親世代となると、若くても60代、少しご高齢であれば80代の方もいらっしゃるでしょう。

2点目のお話と重複するところもありますが、例えば孫を親に見せたいとか、あるいは親の老後を援助したいとか、貢献したいという気持ちも芽生えてくるでしょう。

このとき、親世代のことを気にも留めず仕事優先で働いてしまった場合、40代、50代になったときにはもう親世代のためにあなたが何かすることは難しくなっていることも少なくありません。

30代になり、もう子どもでも若者でもないという時期に差し掛かったからこそ、仕事ばかりではなく親への孝行も現実的に考えていける時期です。

仕事を楽しくしながらでも親世代と上手に過ごしてけるような私生活のために、時間や報酬を考慮して働くという考え方を身につけるには最適の時期です。

30代の女性は仕事を楽しむことを意識する

このようなお話をすると、じゃあ仕事は二番手で良い、仕事の中身なんてなんだっていいのかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、仕事内容がつまらないのに私生活のために働くことは味気ないものです。

ですので、もちろん仕事内容を充実させることも素敵なやりがいです。

あくまで、20代の仕事ばかりに没頭する働き方からの脱却をご提案していると思ってください。

20代のうちは、健康に少々の問題があっても無理して働きがちです。

職場でも一番若く立場の弱い世代ですので、他の人に意見を述べたりすることが難しいかもしれません。

しかし、30代となった今、仕事ばかりに気をとられることも減るはずです。

今だからこそ、仕事の量ではなく質に注目しましょう。それは私生活だけではなく、仕事そのものの中身に意識を向けても良いです。

ただ、私生活を後回しにするのは若さゆえの危険な働き方だという意識だけは、しっかりと持ちましょう。健康や幸福あっての仕事です。

30代女性が仕事にやりがいを持つためには理想の未来を描こう

30代女性が仕事にやりがいを持つためには私生活を大事にする必要があるとお話してきました。

私生活を大事にすると言っても、まずは自分がどんな未来を築きたいか、どんな私生活を送ることができれば幸福なのか、今一度自分に向き合って考えましょう。

他人の価値観は必要ありません。30年以上生きてきた中で、自分の中に軸ができているはずです。

あなたらしいやりがいが見つかるような働き方ができることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です