仕事が決まらない不安から抜け出す最強の方法とは?【目標を明確にする】

こんにちは、ミズキです。

仕事が決まらなくて毎日が不安です。職場が決まっていなくても不安から抜け出す方法ってありますか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

転職を考えている人、フリーター生活からの脱却を図っている人など、新たな仕事を探す求職者はごまんといるでしょう。

一体このなかで何%の人たちが、スムーズに次なる職場と出会えているでしょうか?

一般的に、転職活動の期間は3ヶ月から半年くらいといわれています。

いまの仕事を続けたまま新たな職場を探す場合、転職活動にあてる時間が簡単には確保できません。

とはいえ一旦退職するとなると、経歴に空白期間が生じてしまい活動に悪影響を及ぼすでしょう。

いまの仕事を続けるのか辞めるのか、どちらの状態で転職活動をはじめたとしても、すぐに結果を出すのは難しいものです。

よって1、2ヶ月くらい仕事の見つからない状況が続いても、そこまで焦りを感じる必要はありません。

しかし、平均的な活動期間である「半年」を過ぎても、次の仕事が決まらない場合。

こうなってくると、求職者本人の心構えに問題があるか、面接などへの対策が十分でない可能性が出てきます。

仕事が決まらない人の不安と特徴

まず挙げられるのが、「仕事における夢や目標が定まっていない可能性」です。

何をしたいのかが明確でなければ、自分に合った業界を見つけることはできません。

どこの会社で面接を受けようとも、志望動機をハッキリさせないことには話が進まないでしょう。

またビジョンが曖昧な人とは逆に、目標や理想を固めすぎるあまり、会社に対して全く譲歩できない人も要注意。

開発部志望の人が営業部に配属されたりと、当初の希望通りの仕事ができない可能性は十分にあります。

そうなった時、「では再び転職活動を」と考えはじめるようでは、なかなか定職に就けないでしょう。

次に、面接時の言葉づかいや、服装のマナーをわきまえていない場合。

新卒の就活では口酸っぱく注意される部分なので、マナーでつまづくことはあまりないでしょう。

しかし何年も仕事を経験していると、社会慣れしているあまり、つい身だしなみで油断してしまうケースがあります。

第一印象でつまづいていることに気づけなければ、企業研究や面接対策はいつまでたっても実を結びません。

仕事が決まらない不安から抜け出すためにやるべきこと

まずはこれまでの社会経験を振り返り、あらためて自己分析をしてみましょう。

どういう場面で何を感じ学んだのか、また何ができて何で失敗したのか。

そうして自分の能力や性格を洗い出したなら、己の個性を今後どう伸ばしていきたいか、というところまで踏み込んでください。

自分に合った業界を見つけるには、まず自分そのものを理解する必要があります。

また自己分析には客観的な視点が必要不可欠なため、家族や友人などに自分への評価をお願いすることも大切です。

次に、服装のマナーや面接における礼儀作法などをあらためてチェックしましょう。

ある程度の社会経験がある人も、新卒にもどった気持ちで身だしなみをととのえることが重要です。

見た目に清潔感を持たせるため、スーツなどにできたシミやシワを日々ケアするのはもちろん、「ブカブカ」や「パツパツ」にならないよう身体のサイズに合った服を選んでください。

また、このほかにも、面接の際に心がけるべきことは山ほどあります。就活サイトのコラムなどを通じて、できるだけ多くのルールを覚えることが、採用という結果につながるでしょう。

最後に、仕事がなかなか決まらないからといって、「どうせ次の会社も落ちる」などネガティブな感情を持たないこと。

面接に対する消極的な姿勢は必ず相手に伝わるので、いついかなる時も高い意欲を持って転職活動に臨みましょう。

仕事が決まらない時の職場さがしの手段をザックリ紹介!

求人掲載数の多さでいえば、やはりWebの転職サイトが圧倒的です。

豊富な検索軸により自分の志向に合った仕事を見つけやすいものの、サイトが大手であればあるほど、必然的に競争は激しくなります。

また転職サイトではあらゆる活動を独力で行う必要があるので、前述の「仕事が決まらない人の特徴」に該当する人は注意が必要です。

一方で転職エージェントやハローワークなど、書類の添削や面接対策を一通りサポートしてくれるところもあります。

欠点としては、前者は「希望通りの転職が叶うかどうか」が担当者との相性に依存すること。

後者は募集要項と実際の待遇が異なる、いわゆるブラック企業にあたる可能性が他の求人媒体に比べて高いことが挙げられます。

ほかにも知人のツテを活かした縁故採用、過去の実績を評価されてのヘッドハンティングなど、採用の契機はさまざまです。

どの手段も一長一短なので、まずは一通りの媒体をチェックしてから、自分にもっとも合うと思う方法を選んでください。

仕事が決まらなくて不安になったら初心に帰ろう

次の仕事がなかなか決まらない、そんな時は初心に帰るのが一番です。

新卒の頃のフレッシュな気持ちを思い出し、まずは自己分析や就活マナーの再確認から始めましょう。

行き詰まりそうになったら周囲に手助けを求めればいいですし、ネットで「就活」と調べるだけでも無数の情報があなたを支援してくれます。

転職活動とは、新たな舞台での活躍を模索する素晴らしいチャレンジです。

たとえなかなか結果が出なくとも、「チャレンジを続ける自分」に誇りをいだき、自信を持って活動を続けていってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です