女性が仕事に憂鬱を感じる理由と対処法は?【自分の気持ちに嘘をつかない】

こんにちは、ミズキです。

ミズキちゃん

会社の仕事が憂鬱だな~。仕事で嘘をつくのも疲れたな~。このジレンマをどうにかしたい!

女性は働くことでジレンマになりがちです。

腰掛けのような気持ちで就職したわけではなくて、頑張ってエリートになるつもりだった人も意外と例外ではありません。

結婚したり、子どもが生まれたり、若い時は考えないのですが、40代くらいになると人によっては、重くのしかかってくるのが介護の問題です。

最近は、だいぶ男性が協力してくれるようになってきました。

育児や家のこと全般は女性の仕事と一概にもいえませんが、ですが、そういったことは女性のほうが得意だったりしますね。

そうすると、心おきなく仕事ができていた若いころのことが遠い日のように思えてきます。

「仕事にいまひとつ打ち込めなくなる」といったことが往々にしてあるわけです。

もうひとつは、男性がフリーになるよりも女性がフリーになるほうが、まだ「社会的な壁が低い」ところも心が揺らぐ原因になります。

10年も20年も会社勤めなどをしていると、女性の場合、よほどのエリートになりたい理由がなければ、「働かない選択肢」もあるのでは?

ということも頭に浮かんでくるわけです。

女性が仕事に湯移るに感じる理由は嘘をつく場面が出てくるから

「仕事をしているうちに憂鬱になってくる」ことも女性にはあるわけです。

憂鬱になる理由としては、例えば、組織に所属していて40歳くらいになり、ある程度の責任を持った立場になったと想定します。

若いころのように、ただ目の前にある仕事を頑張るといったスタイルでは壁にぶつかります。

「作業」がどんどん少なくなり、その代わり、交渉術とか、白いものを黒と言わなければいけない場面が増えてきます。

女性って、そういうことが男性に比べるとちょっと不得意だと思います。

少なくとも私は大の苦手です笑

もちろん仕事をするということは甘いものではありません。

嫌なことに耐えてこそお給料がもらえるものです。

とはいえ、私はひとつの目安として、「自分でない人を演じてまで耐える必要はない」と思っています。

例えば、

  • まじめな人が嘘をつかなければならない
  • 仕事をやらないでズル賢さもチームのために必要

このような、「自分では良しとしないこと」を頑張らなければならなくなると、だんだんギャップが大きくなります。

辛くなってくることがあるわけです。

そんなとき、抱え込まずに周りの人に相談してみましょう。

真面目な女性の場合、よく考えがちです。

  • 自分が働いていたほうが、夫は良いと思っているのでは?
  • 私が仕事を辞めることに親は何と言うだろうか?

いい大人になっても気になってしまう女性は少なくありません。

どう思う?と家族に相談してみると、意外と、「好きなようにしたらいいよ」と言われることもあります。

女性が仕事に憂鬱を感じたらお金は貯めておこう

私的に仕事って別に辞めてもいいものだと思います。

当然のことですが、いきなり夫に養ってもらいますとなってしまうと、若いころから専業主婦だった人ならともかく、金銭的な不自由は出てきます。

それまで働いて自分の好きなものは好きなだけ買っていたような人は、困ったことになるかもです。

気楽にお金が使えなくなります。

実際に仕事を辞めてみると、それまで想像していなかったメンタルストレスに襲われる場合があります。

今の世の中、自分で望まなくても派遣切りはあります。

家庭の事情が発生したりなど、いきなり仕事をやめる羽目になることは少なくありません。

数百万円は貯めておくといいと私的には思います。

女性が仕事を辞めたいときは転職エージェントとはつながっておこう

長く勤めていた仕事を辞めたら、「もう当分働きたくないや!」と思う人は珍しくありません。

実際このご時世、お金にこだわらなければ、在宅で単発の仕事をすることなんかもできます。

「働かない」とはいかないまでも、電車に乗って会社に通わなくても結構大丈夫だったりします。

でも、働いている現在は憂鬱で、働きたくないと思っているとしても、半年くらい充電すれば、社会とつながっていないことが寂しくなります。

また定収入がないことが不安になり、またフルタイムで働きたくなる人がとても多いわけです。

私のおすすめは、また働いてもいいなぁと思ったときではなく、今の仕事をやめたいなぁと思ったときに、「転職への繋がりを作っておく」ことです。

すぐに次に転職する意思がなかったとしても、「転職エージェントに履歴書だけは登録しておく」などです。

細いつながりは作っておくことをおすすめします。

社会とつながってない日々にいったん突入してしまうと、腰が重くなってしまい、悶々と悩むことが多くなってしまいますので。

女性が仕事に憂鬱を覚えたら-まとめ

今の世の中は幸いなことに多様な時代です。

会社で女性が定年まで働くことは、昔に比べれば随分やりやすくなりました。

一方で、昔ながらの清掃とかスーパーのレジ打ちとかに限らず、色々な仕事がパートタイムでもできるようになっています。

毎朝電車にのって働かなくても色々な生き方があるわけです。

幸せに生きるコツは「自分にウソをついていないか?」だと思っています。

自分に嘘をつきながら生きることは、かなりのストレスを感じてしまうことでしょう。

あとは、先を見据えて貯金や段取りをしておくことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です