女性が仕事をして得られるメリットは何だろう?【今後の女社会に向き合う】

こんにちは、ミズキです。

女性が仕事していて得られる物って何かありますか?会社は女性より男性を優遇しますよね?女性は絶対不利ではありませんか?

ミズキちゃん

女性にとって仕事との向き合い方は、人生へとの向き合い方と言っても過言ではありません。

仕事を充実させることによって、人生を豊かにすることもできます。

ですが、仕事はあまり頑張らずに、プライベートを重視するという選択肢もあります。

この記事では、「女性が仕事に向き合う考え方」についてご提案します。

女性も仕事で活躍できる時代になった

長く日本の企業は男性が中心となって働く構造でした。

それはごく普通のことと捉えられています。

疑問や不満を持つ女性もいたものの、多くの人は素直に受け入れていました。

自分の母親は専業主婦だったという人は、少なくないのではないでしょうか。

学校を卒業して会社に就職しても、それは結婚までの期間だけです。

結婚したら家庭に入ると思われている女性に重要な仕事を任せる会社は多くなかったです。

今では女性の管理職も珍しい話ではありません。

実力があれば性別に関係なく評価をされるのが当たり前の時代となっています。

女性が活躍していることをセールスポイントにしている会社もまだありますが、「女性でも」活躍していることを強調する時代はもうすぐ終わるでしょう。

女性であっても十分に仕事で活躍をすることができるわけです。

キャリアアップをして重要な役割を担ったり高収入を得ることも可能です。

女性だから一生懸命仕事をしても評価されないだろうと諦める必要はまったくありません。

頑張った分だけ自分に返ってきます。

逆に言えば「女性だから仕事は一生懸命やる必要はない」という言い訳は通用しなくなることでもあります。

ですので、真剣に仕事に取り組まなければいけません。

職種によってはまだまだ男性優位なものもありますが、女性優位な業界もあるのでそれはお互い様です。

今お勤めの会社が理由もなくあまり女性が活躍出来ていないようであれば、その会社は時代に取り残される可能性があるので見切りをつける判断も必要です。

女性が仕事をすることで得られるものは多い

女性が仕事をすることで得られるものの中で大きいのは、単純ですが収入です。

収入は全ての生活の基盤になるもので、これが安定しているかどうかで人生の幅は変わってきます。

例えば既婚女性が訳あって離婚をしたいと考えた際に、仕事をしていなければ収入がない。生きるために、我慢して結婚生活を続けるというのはよくある話です。

仕事をしていて自分で生活していくのに十分な収入を得られていれば、そんな不幸な生活を続ける必要はありません。

これは極端な例えでしたが、収入があれば自分が欲しいものも買えますし、旅行などを楽しんで充実した時間を過ごすことも可能です。

自由に使うことができる収入というものは思っている以上に貴重なものです。

仕事から得られるものにはスキルもあります。

仕事を通じてその業界について精通していくことになります。ノウハウも学べるようになります。

働きながら自分のスキルや知識はどんどん向上していきますので、やがてそれはあなたが新たな人生を考える時に大きな武器となります。

仕事で得たスキルを生かしてより環境の良い職場に転職することができますし、自分の会社を立ちあげることだって夢ではありません。

自分の目標を達成する為の手段として仕事を通じたスキルアップは重要です。

それだけでも仕事をするモチベーションになります。

その他にも仕事を通じて得た人脈は今後の人生で役に立っていきますし、仕事をしたことで今まで考えたこともなかった新しい自分の可能性に気が付くこともあります。

仕事をすることで視野は大きく広がっていきますので、勉強する意味で仕事をするという方法もあるわけです。

仕事をし過ぎる女性でも結婚はできる

気になる女性も多いのが仕事に夢中なっている女性は、結婚できないのではないかということでしょう。

結論としては仕事をしていたら結婚が出来ないということはありません。

たしかに仕事に集中して自分自身が結婚を考えられない場合や、オシャレに無関心になって結婚が遅れることはあります。それは個人の問題です。

結婚をしたいと思って、普通の恋愛をしていれば結婚をすることもできるわけです。

学生時代や、定時上りが当然の仕事をしている人に比べると残業の多い仕事をしている人が、恋愛に避ける時間が短くなることは否定できません。

しかしそれは休日の活用や婚活サービスの利用など工夫次第でどうにでもなることです。

仕事をしていれば仕事を通じた出会いもあるのでチャンスが増えることすらあります。

仕事を通じた出会いであればお互いに価値観も合いやすいですし、相手の男性の特徴や将来性もわかりますのでスムーズに話が進むくらいです。

男性の中には自分よりも収入が高い女性を嫌う人も稀にいます。

ただそんな自分のプライドを重視する度量の小さな男性があなたを幸せにできるかは甚だ疑問です。

仕事をしていることが結婚のハンデになることはそれほどありませんので、結婚願望が強くても仕事は頑張って大丈夫です。

仕事をしないという選択肢もある

女性が仕事をする意義について書いてきましたが、仕事をしないという選択肢ももちろんあります。

仕事はあくまでも人生を豊かにするための手段の1つであり、唯一無二のものではありません。

家庭を持って子育てに全力を注ぎたいという人もいれば、夢を追うために最低限のアルバイトだけしておけば良いという人などもいて当然です。

仕事をしている人が偉いというわけでは決してありませんので、自分にとって仕事よりも大切なことがあるのであれば、そちらを重要視するのも立派な決断です。

ただし、現実を見ないで夢だけを語って仕事をしないというのは決断とは言いません。

仕事をしないことは多少なりともリスクを伴うことです

本当にそれで良いのかは吟味してから実行に移してください。

女性が仕事と向き合ううえで大切なこと

女性が仕事をする理由は大きく言ってしまえば幸せになるためです。

辛いこともたくさんあるでしょうが、仕事をしていて良かったと思える瞬間は必ずあります。

女性と仕事の関係で切っても切れないのが出産についてです。

出産や子育て支援の環境を整える企業は多くあります。

ですが、仕事を持っている女性にとって、出産によるブランクや時間の制限はどうしても気になってしまうことです。

その時に仕事が大切だから出産を諦めるという人もいるでしょう。

その決断を否定するつもりは私にはありません。

それがあなたにとって幸せなら素晴らし決断ですが、それで辛い想いをされるのであれば仕事は二の次にしていただきたいです。

仕事をして不幸になっては意味がありません。

あくまで自分の幸せは何かを考えて仕事と向き合ってください。

女性の仕事は今後どう向き合うべき-まとめ

女性にとって仕事との向き合い方は様々です。

男性視点ではとにかく家族のために働くということが長く語られてきましたが、時代は大きく変わりました。

まだまだ女性には不利な点もあります。課題は山積みです。

ですが、仕事を通じて人生を充実させる女性は増えています。

あなたも自分が充実した人生を送るためには仕事をどう捉えるかを考えてみてください。

自分にとって大切なことによって、仕事の仕方も変わっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です