京都桜の名所おすすめ9選!【2019年京都のお花見スポットを大公開!】

こんにちは、ミズキです。

京都の桜を見に行くのですが、おすすめの名所ってありますか?綺麗な桜を見ることのできるスポットを教えて欲しいです。

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

京都の魅力の1つは、「桜」ですよね。

私も京都に旅行に行ったことはありますが、幻想的な桜の美しさといったら、言葉を失ってしまうほどです。

この記事では、「京都桜のおすすめスポットを9選」紹介していきます。

桜の種類の数は?有名な桜を紹介!【ソメイヨシノの語源は?】

京都桜の名所おすすめ①-雨宝院の桜

西陣にある雨宝院(西陣聖天宮)は、広くはない境内いっぱいに桜が咲き乱れます。

他の桜の名所より少し遅く満開を向かえるようです。咲き乱れた種々の桜の花びらが音もなく降り注ぐ様子は、この世のものとはおもわれません。

まさに、天上にいるかのような気持ちになります。

淡い緑色をした御衣黄桜はとても珍しく、境内のどこにあるか探すのも楽しいです。

雨宝院を「聖天さん」と呼んで親しみ、桜の名所としてとても大切にしている地元の方々の愛も伝わってくるお寺です。

京都桜の名所おすすめ②-円山公園の桜

京都と言えば円山公園のしだれ桜を外すわけにはいかないでしょう。

大学の部活やサークルに加入すると新入生歓迎のお花見は必ずと言っていいほど円山公園で行われます。

八坂神社,高台寺,知恩院といった京都でも有数の名所も近くにあり、まさに京都を感じる場所なのではないでしょうか。

京都に住んだことがあってここの桜を見たことがないと言ったら、周りから怪しまれるくらい有名でほとんどの方が一度は訪れる場所です。お勧めのスポットです。

京都桜の名所おすすめ③-京都御所の桜

改元が迫ってきました。そのため、京都御所も話題になることがしばしばあります。

江戸時代までは京都御所が皇居でした。

そういった経緯もあり、今でも京都御所は整備されており、しだれ桜をはじめヤマザクラなど見どころがたくさんあります。

京都の中心地に近い場所でこれだけの桜を見ることができるのはまさに贅沢な限りです。

歴史的な名所の一つでもありますので、京都にお立ち寄りの際には一度は見たほうがいいでしょう。

京都桜の名所おすすめ④-仁和寺の御室桜

私が知る限り、日本でここでしか見られない桜が京都の仁和寺の御室桜です。

4月上旬にソメイヨシノが満開を迎え、花が散ってしまう頃に、御室桜は咲き始めます。京都で見られる最後の桜と言われています。

見頃の時期を迎えますと、仁和寺は早朝から大勢の見物客で賑わいを見せます。個人旅行客だけでなく、大型バスで大勢の観光客が仁和寺に殺到するほどの人気の桜スポットです。

五重塔をバックに御室桜を写真に納めると、如何にも京都らしい風情のあるシーンを撮影することができ、スマホやパソコンの待ち受け画面にされる方も多いようです。

御室桜が咲く時期には、仁和寺の境内のあちこちでミツバツツジも咲いており、春爛漫を感じることが出来ます。

京都桜の名所おすすめ⑤-醍醐寺の桜

醍醐寺の桜が有名です。

豊臣秀吉も家臣たちとお花見をしたといわれている歴史的にも由緒のある場所です。

しだれ桜、ソメイヨシノをはじめ1000本以上の桜があるので、鑑賞することもできます。

写真愛好家もよく訪れていますし、テレビのニュースでも必ず中継されるスポットですので、知っている方も非常に多いです。

京都に来たら必ず行きたい場所の一つと言えるのではないでしょうか。寺社巡りもかねて訪れてみてはいかがでしょうか。

京都桜の名所おすすめ⑥-哲学の道の桜並木

南禅寺から銀閣寺まで繋がる哲学の道は、京都の桜名所のひとつです。

桜の咲く時期には気温も上昇して絶好の散策日和を楽しめます。

満開の時期になると、哲学の道に沿って流れる小川の水面には桜の花びらが絨毯のように浮かび、それは見事な光景です。

日頃運動不足の方にも丁度ウォーキングに最適のスポットではないでしょうか。

道は平坦ですから、足の不自由な方や車いすの方も大丈夫ですよ。

哲学の道沿いにはお食事処もありますし、京焼きを販売する陶器店を始め、お土産店も多数出店していますので、花見とショッピングの両方を楽しめます。

秋の紅葉シーズンも人気スポットですが、春は特におススメです。

京都桜の名所おすすめ⑦-渡月橋の桜

京都の桜の名所といえば嵐山の渡月橋にかかる桜だと思います。

桂川にうつる桜と後ろに見える山桜のコントラストが最高です。

また夜桜をゆっくりと楽しむには渡月橋を渡った中之島公園の桜がライトアップされてまた昼間とは一味違った彩りを見せてくれ、わたしたちの心を癒してくれます。

桜から歴史を感じまた、渡月橋の周りにあるお店で一息つきながらも桜を見渡すことのできる桜は京都の中でも特に幻想的でオススメの桜の名所だと思います。

京都桜の名所おすすめ⑧-八幡の背割堤の桜

八幡の背割堤の桜は圧巻です。

木津川と宇治川を分ける中洲のようなもので、1.4キロほど桜のトンネルができます。

満開になるととても綺麗で、昼間と夕方の顔は全然違います。

一昔前までは穴場でしたが、今は随分有名になり桜の時期は駐車場もないようです。

また、近年さくらであい館なる展望台みたいなものもでき、上から桜を鑑賞することができます。

普段は無料で入れますが、今の時期は300円ほどかかります。

少し市内からは離れますが、ファミリーでもゆっくりできるので良ければ行ってみて下さい。

京都桜の名所おすすめ⑨-嵐山の桜

京都で一番人気の花見スポットと言えば、嵐山です。

渡月橋越しに見るソメイヨシノやシダレサクラはとてもきれいでインスタ映えするスポットです。

海外のお客さんも多く、土日祝日はすごく込み合います。

ライトアップは特にしていないので、夜桜を楽しみたい人には不向きの場所ですが、昼間にお花見をしながら食べたり飲んだりするには最高のスポットです。

桜の本数も多いので、見ごたえがありますし風が少し強い日は桜吹雪が舞って幻想的な雰囲気が楽しめます。

ミズキの一番好きな京都の桜は「哲学の道の桜」-まとめ

私が一番好きな京都の桜は「哲学の道の桜」になります。

銀閣寺のすぐそばにある哲学の道ですが、川沿いにはたくさんの桜の木が植わっています。

桜が満開になる頃、桜の花びらが川面に浮かんで、まさに「桜の絨毯」を見ることができるのです!

哲学の道は狭いため、一般的なお花見のように、レジャーシートを敷いてお弁当を…ということができません。

一見デメリットのように感じられますが、レジャーシートを敷いて止まる人が少ない分、スムーズに桜を見ながら歩くことができます。

もちろん人は多いですが、歩けないほど混むということもないため、十分楽しめます!

周囲にはおみやげ屋さんや歩き食べのできる食べ物も売っているため、桜の観光スポットとしてはもってこいです。

ぜひ、哲学の道で桜を楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です