ゴールデンウィークには富山県に行こう【氷見の番屋街を徹底解説】

こんにちはミズキです。

ゴールデンウィークに富山県に行こうと思っているんですが、富山の魅力って何ですか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

ゴールデンウィークへのお出かけの計画を練っている方に、ぜひオススメしたいの富山県です。

富山県は富山湾に面しているため豊富な海の幸が自慢です。

中でも海の幸が美味しくて評判なのが氷見です。今年のゴールデンウィークは、富山の海の幸を食べ尽くしましょう。

富山は小さい県の中にぎゅっと魅力が詰まった県

富山県と聞いて、どこ?と思う人も多いと思います。富山県は北陸地方に位置しています。

周囲は、海の幸が自慢の富山湾と美味しい雪解け水を産む立山に面しています。

富山県自体は小さな県なので、電車で1時間も移動すれば海にも山にも行けます。

富山県は小さい県の中にぎゅっと魅力が詰まっている県なのです。

東京から好アクセス!ゴールデンウィークでも日帰りのお出かけが可能

日帰りをオススメするのは、東京からの好アクセスです。

2014年に、東京ー富山間を結ぶ北陸新幹線が開通しました。

これによって、東京ー富山間は最短2時間10分で移動できるようになりました。

これならお出かけを十分楽しんでも十分日帰りが可能です。

ゴールデンウィークに富山へ日帰り旅行も良いですね。

ゴールデンウィークは氷見の番屋で新鮮朝どれの魚を食す!

氷見は富山湾の北西部に面した場所にあります。

富山湾は、天然のイケスと称されるほど豊かな漁場です。

お魚好きの方にはとてもオススメです。

番屋というのは、漁師の作業小屋を指します。

この作業小屋をイメージして建物が作られています。

氷見の番屋街は、御食事所からお土産売り場まで約33店舗が軒を連ねています。

ここでは新鮮な朝どれの魚を食べることができます。

ゴールデンウィークは氷見の番屋で魚を食するのも良いですね。

アクセス方法も難しくない

北陸新幹線で「新高岡駅」まで移動します。

次にJR城端線に乗り換え「高岡駅」で下車。

JR氷見線の乗り換え「氷見駅」下車となります。

北陸新幹線を利用する場合は、東京、大阪、名古屋で乗車しても高岡駅からのルートは同じです。

氷見駅からは、タクシーで5分。加越能バスで12分。徒歩で20分。駅のレンタサイクルで行くことも可能です。

氷見の番屋の詳しい住所

  • 住所:富山県氷見市北大町25-5
  • 営業時間:鮮魚物販施設 8:30~18:00
  • フードコート:8:30~19:00
  • 飲食施設:11:00~19:00
  • 回転寿司:10:00~21:00
  • 定休日:1月1日

ゴールデンウィークに食べるならイワシが旬

魚が美味しいところに行ったら、やっぱり旬の魚を食べましょう。

氷見で取れる春が旬の魚は、イワシです。特に氷見の旬のイワシは、その美味しさから「氷見鰯」という名前が付いています。

「氷見鰯」の美味しさは、全国でも評判です。

他にも、サヨリ、クロダイが旬です。氷見の番屋街には回転寿司店があるので、そこで食べることができます。また、お土産にも最適です。

水産加工品として、みりん干しになって販売されています。

イワシのみりん干しは、甘辛い味付けで食べやすいです。

子どもから大人まで好まれます。

特に食べる前にトースターで炙ると最高です。お酒のあてにも最適です。

氷見には魚しかないの?いいえ肉も美味しいです

氷見の魅力はもちろん海の幸です。

実はお肉も美味しいんです。

氷見では「氷見牛」というブランド牛が売りです。

氷見は富山県最大の肉牛産地としても有名です。

氷見牛の特徴は、「A5ランクのとろける旨味」です。

氷見育てられて出荷される牛は、A5と評価される牛の比率が高いのです。

富山県内でもそんなに出回っていません。

食べるなら、地元の氷見がオススメです。

氷見の番屋街では、「牛屋」という店で味わうことができます。

氷見のうどんが美味しい!

旅先に来てまでうどん?という方もいると思います。

しかし、氷見うどんを侮ってはいけません。

なんと日本5大うどんの一つにランクインしています。

氷見うどんの特徴として「手延べ」製法があります。

手打ちうどんがメジャーですが、氷見うどんは麺をロープのように細く引き伸ばして作ります。

手延べ製法で作る麺は滑らかさが魅力です。

このため喉越しがいいうどんです。手延べは手打ちで作るよりも何倍もの時間がかかります。

現在は全国に広まって来ましたが、それまでは量産化の難しいうどんでした。

氷見の番屋街では「手延べうどん池永亭」という店で味わうことができます。

ゴールデンウィークは氷見の温泉で温まろう

氷見の番屋街には敷地内に温泉施設があります。

お湯はナトリウム塩化物強塩線です。

主成分の塩分が、皮膚の血行を活発にします。

また、塩分が汗の蒸発を防いでくれるので体が保温されます。

入浴後もポカポカが持続します。

冷え性の女性には嬉しい効能です。

また、塩分による殺菌効果も期待され、皮膚病・婦人病にも効きます。

海の近くの温泉ならではの効能です。

内湯の他に、露天風呂、サウナが併設されています。

手もみ処もあるので、ゴールデンウィークのお出かけ記念に贅沢をしてみるのもありです。

氷見の温泉施設の詳しい情報

  • 施設名:氷見温泉郷総湯
  • 営業時間:10:00~23:00(最終入館22:00)
  • 朝風呂:7:00~(毎月土・日・祝のみ)
  • 料金:大人:600円(中学生以上)
       小人:300円(小学生以上)
       幼児:100円(3歳以下)
  • 休館日:年中無休(施設メンテナンスのため臨時休業あり)

ゴールデンウィークは氷見の番屋街で決まり!

富山県にある氷見の番屋街には、新鮮で美味しい旬の魚が待っています。

簡単にいけて日帰りできる場所なのに、温泉も楽しめる素敵な場所です。

ゴールデンウィークのお出かけに悩んだら、氷見の番屋街で決まりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です