めんどくさい男との恋愛は絶対やめておけ!【恋人にしたくない男の特徴4選】

こんにちは、ミズキです。

女性として生まれたからには1度くらいは楽しい恋愛をしたいです!けれど私って男運が悪いからめんどうな男とばかり恋に落ちるんです。恋愛するべきではない、めんどうな男の見分け方ってありますか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

恋愛という行為は本当に素敵な行為です。

好きな人のことを考えるだけで楽しいし、毎日ワクワクします。

大好きな人と恋人関係になり、色々と付き合いを始めていき、生涯を共にしたいとお互いが思った時に今度は夫婦としての関係性がスタートします。

恋愛は何より自分の人生を充実させてくれるので、恋愛は本当に素晴らしいのですが、付き合う男性によっても左右されてしまうのが恋愛です。

この記事では「恋愛するのにめんどくさい男の特徴」をいくつかのパターンで紹介します。

恋愛でめんどくさい男の特徴①-自分の事ばかり話す男

男性の中にはよく自分の話ばかりをしてしまう人がいます。

自分の事ばかりを話してしまうという事は、かなりマイペースな方が多いです。

マイペースは良い方に解釈することもできますが、恋愛関係というお互いが対等な立場に置いてマイペースの傾向が強い男性はめんどうなことが多くあります。

マイペースではあるが、場合によってはきちんと相手の立ち位置で物事を考えられるのであれば理想の形です。

会話においても男性側だけが一方的に話すのではなく、女性とバランスよく会話量を調整してくれるような男性でしたら、めんどうなことが発生するリスクは低くなります。

逆にこれでも会話量の調整が難しいようならパートナーとしては少し考えた方が良いでしょう。

恋愛でめんどくさい男の特徴②-自慢ばかりする男

男性の中には「俺は学生時代、運動会で一位をとった」「こういう国家資格を俺は持っているんだ」「俺の貯金は何百万あるんだ」等の自慢ばかりする男も要注意です。

男性は女性に対しては自分を大きく見せようとします。

そのやり方が人と比べてこんなにすごいんだと話す人や、あの頃はこんなに凄かったんだと女性に話してくる人がいます。

かなりめんどくさいです。特に過去に成功してしまう経験がある男性は、その成功体験の考え方に固定化されてしまいやすいので、人の意見や価値観を中々受け入れてくれません。

特に恋愛関係に置いては一方的に価値観を抑えつけてしまうのは非常によくありません。

お互いがそれぞれ生きてきた環境も違うので、価値観はそれぞれ違っていて当然なのですが、無意識のうちに自分の価値観で相手の事を計ろうとするので、こういう男性はコミュニケーションがかなり難しいと言えます。

又、自慢するという表現の一種で他人を攻撃するというパターンもあります。

例えば、お客という立場を利用して店員に対して横柄な態度を取る、必要以上にクレームをつける、店員に謝罪させるなどの言動を行います。

他人を攻撃することで自分の価値観を絶対視させるという行動はまさに自分が王様のようになった気持ちで、自分の考えで世界が回っていると捉えている傾向の強い方です。

仮にこのような男性と結婚してしまった場合、完全にその男性の考え方に女性側が服従しなくてはならないケースが増え女性の個性が失われていく可能性があります。

そうなると女性側からすれば、かなりのストレス要因になりかねません。

自分の考えや価値基準が絶対だと思っている男性はかなりめんどうくさいので注意が必要です。

恋愛でめんどくさい男の特徴③-お金にケチな男

お金にケチとここでは使っていますが、この場合は極端にケチな場合です。

適度な場合は倹約家として評価があがる可能性がありますが、極端だと話が変わってきます。

お金にケチという事は、それだけお金に対して強い執着があるという解釈もできます。

例えば外食する場合でもインターネットで調べて1円でも安いお店で食べないとだめだという一種の強迫観念になってしまいます。

そういう男性と一緒にいても、こちらの息が詰まってしまいますし、面白くありません。

お金を大切にする姿勢は結構なのですが、執着しすぎてもめんどくさいです。

恋愛でめんどくさい男の特徴④-依存型の男

何でも依存してしまう男もめんどうです。

例えば、デートをどこにするのか決める場合でも、こちらに判断をゆだねてくる人を指します。

自分の意見を主張せず、全て自分以外に委ねてしまう男性もめんどくさいです。

依存型の場合は例えば過去に自分の意見を言って怒られてしまった等、自分が主張してしまう事をマイナス面として強く捉えてしまっているケースがあります。

依存型の人と恋愛は結婚にまで進んでしまった場合、全ての判断をこちら側に委ねてくるのはかなりの精神的負担になります。

依存型の場合、ここでは自分の主張をしても大丈夫という言葉をかけ男性に安心の心を育てることで主体性が増すケースがあります。

恋人には絶対したくない恋愛でめんどくさい男の特徴-まとめ

恋愛においてどういう人と付き合うかで、その後の人生や暮らしに一定の影響を与えてしまいます。

恋愛においては相手をきちんと見極めることが非常に重要です。そのためには男性の特徴をしっかりと把握してしまうことが重要です。

女性から見たら男性はまだまだ幼稚な部分が垣間見えてくることがあります。

それでも、一緒に居たいと思えるようでしたら恋愛関係をスタートさせるべきですし、幻滅してしまうようなら縁を切ってしまう方が男性のタメになる場合があります。

お互いメリットのある付き合い方をしていくのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です