【恋愛と結婚に違いをまとめてみた】後悔しないために5つのことを学ぼう!

こんにちは、ミズキです。

恋愛と結婚の違いって何だろう。結婚したらこれまでの関係が変わるのかな?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

恋愛中はとてもラブラブでいつまでも一緒にいたいと思っていたのに、結婚をしたら冷めてしまったという夫婦は世の中にはいくらでもいます。

自分自身も恋愛は楽しいけど、結婚のことはどうしても考えれないという人も多いのではないでしょうか。

その理由は恋愛と結婚はまったく違うものだからです。

好きだけでは済まされない恋愛と結婚の違いについてご説明します。

恋愛と結婚の違いは責任感の違い

恋愛と結婚の大きな違いは相手に対する責任感の違いです。

恋愛はあくまでも仲の深い関係であるだけで相手の人生に対しての責任は負っていません。

しかし結婚となるとお互いの人生を背負うことになります。

そしてその重圧は計り知れないものであり、恋愛の時にあった気楽さを奪ってしまうため続けることが苦しくなります。

男性の場合は真面目な人になればなるほどその責任を真剣に受け止めますので、恋愛中のような無邪気さはなくなってしまいます。

そうすると女性としては冷たくなったと感じたり、変わってしまったことに幻滅してしまったりします。

あなたの人生を真剣に考えているが故の変化なのですが、それを理解していないとすれ違いが生じてしまい「恋愛中は良かったのに」と考えるようになるので不満が募りやすくなります。

恋愛は楽しみの共有、結婚は苦しみの共有

恋愛と結婚では価値観が違います。

恋愛中は2人でデートをしたり美味しいものを食べたりと楽しさを共有することが主な目的となります。

そんな素敵な思い出に彩られる恋愛は自然と楽しい部分がピックアップされます。

ところが気婚は苦しみやつらさを共有することになります。

一緒に日々のい生活を送っているともちろん楽しいこともたくさんありますが、それ以上に苦しいことや悩みが湧いてきます。

恋愛中は感じることがなかった苦しみを結婚生活を通じて感じることになるので、彼に対して感じつこともその苦しみと連動してきます。

恋愛とのギャップはありますが、苦しみの共有は結婚の素晴らしいところでもあります。

人生は何かと辛いことが多くありますが、そんな時に一緒にいてくれる人がいるのは心の支えになります。

結婚することで恋愛中のような楽しさは失われてしまいますが、その代わりに多くの大切なものを得ることができます。

恋愛と結婚の違いは他人か家族かの違い

恋愛中の恋人はどんなに仲が良くても他人です。

それが結婚をすることで家族になります。

その違いは大きなものです。

恋人であっても他人ですので多少に気遣いはありますし、なるべく自分の良いところを見せるように努力をします。

なのであなたも彼の良いところの印象が強くなりますし、自分もいつも輝いていようと思うことができます。

これが家族になるとその気持ちを続けるのは難しくなります。

日常生活のなかでいつでも良い格好をしておくのは不可能だからです。

当然結婚生活の中で良くない部分も多く見せることになりますし、恋愛中のように常時気合いが入った状態は維持できません。

自分が実家の家族と過ごす時のことを考えればイメージしやすいはずです。

結婚して家族になるのは相手の全てを受け入れることです。

食べ物の好き嫌いから生活のリズムまで彼とすり合わせていく必要がありますので、恋愛中のように自分のペースで良いところだけを切り取るというわけにはいかないのです。

恋愛向きな人と結婚向きな人の違い

恋愛に向いている人と結婚に向いている人には違いがあります。

いつでも彼氏がいるのに結婚できない人はいますし、逆に遅くできた彼氏と幸せな結婚生活を送っている人もいます。

恋愛に向いている人は楽しむことに積極的で自分を輝かせることに長けている人です。

一緒にいることで相手も楽しい気分にすることができるので常にモテます。

一方で家庭的な面がおざなりになってしまったり、落ち着いた生活を苦手としていると結婚には向いていないということになってしまいます。

結婚に向いている人は堅実なタイプの人です。

恋愛中はそれほど盛り上がることがなかったとしても、継続して癒しを与えることができる存在です。

堅実な女性であれば、男性は生活の全般において信頼することができますので穏やかな結婚生活を送ることができます。

男性は特に結婚相手には癒しを求めがちですので、結婚に関しては派手さはなくても堅実なタイプの人は好まれます。

恋愛と結婚の違いの受け入れ方

多くの人は恋愛中の気持ちを維持したまま結婚生活に入ります。

そして段々と結婚生活に順応していくのですが、この時に違いを受け入れられないと結婚したことを後悔することになります。

恋愛と結婚の違いを受け入れるには、彼の良いところも悪いところも全て受け止める心の広さを持つことです。

彼も人間なので欠点は必ずあり、それが結婚生活で浮かび上がります。

それでも変わらず愛することができれば恋愛と結婚の違いに悩む必要はなくなります。

不安な人は結婚前に同棲することで練習することもできます。

恋愛と結婚の違いを知っておけば大丈夫-まとめ

恋愛と結婚の違いを理解せずに恋愛の延長線上に結婚を考えるとギャップに苦労します。

恋愛と結婚は元々全然違うものだと思っておけば、多少の違いがあっても受け入れることができます。

結婚を考える時にはしっかりと違いを理解して、受け入れる心の準備をしてからにすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です