【小学校入学式の父親】服装はスーツで大丈夫?子供に恥を掻かせないための注意点

こんにちは、ミズキです。

小学校の入学式に出席するんですが、服装って礼服ですか?スーツのほうが良いですか?お父さんとして子供に恥を掻かせたくありません!

ミズキちゃん

そんな疑問に答える記事を書きました。

小学校の入学式にふさわしい父親の服装となどんなものでしょうか?

男性は普段の服装にも気を使わない方が多いです。「子供の入学式」という独特の雰囲気のあるイベントに適した格好なんて分かりませんよね。

実は入学式の父親の服装には「子供の引き立て役に徹する」など、いくつかルールがあります。

親子で恥をかかないためにも、「入学式がどんな場所」なのかを理解して適切な服装が必要です。

気をつけて欲しいのは自分が子供だった頃の常識を持ち出すことです。

昔と今では入学式における定番の服装は変わっています。

例えば入学式で礼服を着る父親は、まず目にしなくなりました。

今、入学式での父親の服装といえばスーツが定番なんです。

自分のお父さんがひとり周りと違う格好をしていたらお子さんが可愛そうです。

知識は最新のものに更新しておくのが重要です。

普段の生活では知る機会のない入学式における父親の服装。

この記事では「入学式における父親の服装のルール」を詳しく解説していきます。

また、入学式にふさわしいスーツやワイシャツ、靴の合わせ方のルールも紹介します。

入学式の服装について感じている不安を解消する内容となっていますから是非ご覧ください。

小学校入学式の父親における服装の大原則

入学式の主役は言うまでもなく、お子さんです。

父親は付添人であり脇役ですから、主役より目立ってはいけません。

服装はダーク系を基調に選びましょう。

ネクタイからワンポイントのポケットチーフに至るまで自己主張は抑えるべきですね。

最低でも、お子さんよりも暗い色でまとめるようにしてください。

お子さんの次に気を配るのは夫婦の関係のことです。

夫と妻、どちらかの服装が片方を圧倒していると目立ってしまいます。

2人の服装が調和している印象を与えるためにもブランドのレベルを合わせるなどの調整が必要でしょう。

ただし女性は男性より服装にこだわりがあるものです。

奥様の意見を優先して服装を選び、夫がそれに合わせるようにしてください。

そして厳格な雰囲気のある入学しきですから、失礼の無いように清潔感のある身なりをするのが大切です。

スーツを新調する方は少数派ですが、入学式に備えてスーツをクリーニングに出すくらいはすべきでしょう。

また普段とは違うスーツを身につけることで、お子さんに「今日は違うんだ」と印象づけることもできます。

細かいポイントですが靴下は新しいものを身につけることをおすすめします。

入学式では体育館や教室などでスリッパを履くことになります。

普段の靴下は踵の部分が少なからずくたびれていますから恥ずかしい思いをするかもしれません。

小学校入学式における父親の服装はスーツで決まり!

入学式で利用されるスーツの定番はベストつきの三つ揃えスーツです。

入学式の頃はまだ寒い日がありますからベスト無しでは少し不安です。

また、暑いときに上着を脱いでもフォーマルな印象を崩すことがないので安心です。

後でベストだけ購入した場合と違いデザインに統一感がありますから、ベストとスラックスだけでも決まります。

入学式を機にスーツを新調する場合も三つ揃えがおすすめです。

流行りの身体にフィットする細身のスーツでスマート感を出しましょう。

その際、襟の形はノッチドラペルを選びます。

エリが下向きになっているノッチドラペルの方が一般的にフォーマルだと認識されることが多いのです。

普段のスーツを着用する場合はウールのベストを用意しましょう。

ツーピースだと寒いですし、ひとり浮いてしまうとフォーマル感が薄れる可能性があります。

選ぶ際は当日着ていくスーツと合わせながら試着してください。

注意したいのはベストがスーツより目立ってしまうことです。

ベストがスーツよりアピールするようだと違和感を感じさせます。見ている方は落ち着きません。

紺などのダーク系でツヤ感の抑えたものを選ぶのが無難ですね。

スーツの色は黒・紺・グレーなど新社会人の定番色がおすすめです。

皆さんダーク系でまとめますから暖色系だと相当目立ちます。

同様に生地は無地で礼服のイメージを軽く感じさせるものを選ぶようにしてください。

とにかく重要なのは脇役として徹する服装を意識することです。

落ち着いた印象を与えるものにしましょう。

小学校入学式の父親はワイシャツ&ネクタイを身につけよう

フォーマルな感じにするために白いワイシャツを選びたくなるところですが、それだとシンプル過ぎて洗練されていない印象を与えてしまいます。

白でも失礼にはなりませんが、センスある大人を軽くアピールするためにもライトなブルーやピンクのワイシャツを身に着けましょう。

模様はストライプで問題ありません。

ネクタイはシャツに合うのはもちろんですが、奥様の服装にマッチするものを積極的に選びましょう。

意外と目に入るネクタイですから、そこで奥様との調和を印象付けると家族関係の良さをアピールできます。

具体的な合わせ方は、奥様の服装のメインカラーと同系色の色を選ぶことです。

おすすめカラーはエンジ色です。

ダーク系と相性が良く、互いに引き立て合います。服装にメリハリを付けるのにいいでしょう。

小学校の入学式に出る父親の服装と合う靴

ビジネスシーンと同様に革靴を履くのが入学式の定石となっています。

特別なものは必要ありません。

日頃仕事に履いていっているものでかまいません。

靴は式場に入る際に脱ぐことになります。

人目に触れる時間帯が少ないので気を抜く方も多いですが、見ている人は見ています。

事前に磨いておくなどメンテナンスを忘れないでください。

小学校入学式の父親は服装でアピールしよう

入学式の主人公はあくまでお子さんです。

そうは言っても男性ですから、何かしらのアピールはしたいものですよね。

そんな時は「カフス」にこだわりましょう。

チラッと見えるだけですから、ある程度派手な物を身に着けても入学式の雰囲気を壊すことはありません。

価格的もそれほど高額ではありませんし、普段の仕事に付けていくこともできます。

小さなオシャレでさり気なく特別な日を演出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です