水泳の時はコンタクトレンズをどうする?ゴーグルは必要?【正しい使い方】

こんにちは、ミズキです。

水泳するときはコンタクトレンズを外したほうが良いのかな?ゴーグルは必要かな?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

視力が悪い人にとって、コンタクトレンズはとても便利ですよね。

特にスポーツが好きな人は、視力が悪くてもメガネの煩わしさから解放されて、スポーツを楽しむことが出来るので、普段はメガネをしている人も、スポーツをするときはコンタクトレンズを着用しているという人も多いのではないでしょうか?

しかし、水泳の場合はどうでしょう?

今回はコンタクトレンズと水泳についてご紹介します。

水泳をするときにコンタクトレンズはしてもいい?

陸上のスポーツであれば、視力が悪い人はコンタクトは必須という人がほとんどです。

プロのスポーツ選手が試合でメガネをかけている姿は見かけないでしょう。

例えば、バスケットや野球、バレーボールなどの球技では、球のコントロールが外れて球が顔面に飛んできたとき、メガネをしていたら大ケガに繋がってしまいます。

では、接触の少ない水泳はどうなのでしょう。

結論から言うと、プールで泳ぐ時にコンタクトレンズを付けていても問題はありません。

ただし、正しい使い方を出来ればの話です。

水泳をするとき意外にも、コンタクトレンズの使用法を守らないと、目に炎症が起きたり、逆に視力低下に繋がってしまうこともあります。

特に、普段とは違う水のある環境でコンタクトレンズを安全に使うには衛生管理にきをつけながら使わなくてはいけません。

水泳をする時の正しいコンタクトレンズの使い方

水泳をするときにコンタクトレンズ使用する場合には、使い捨てのコンタクトレンズを選びましょう。

確かに、不特定多数の人が利用するプールでは、水の中に細菌がある可能性もありますし、プールの水を消毒するための塩素が目に刺激を与え、炎症を起こしてしまうことも考えられますが、水泳を楽しむ場合には、ゴーグルを着用するはずです。

ですから、目に直接プールの水が接触する機会は限りなく少ないのです。

とは言え、ゴーグルが外れてしまう可能性もありますし、ゴーグルの隙間から少量のプールの水が入り込んでしまうこともあるので、水泳のときにコンタクトレンズを使いたければ、プールから上がったあと、コンタクトレンズを外し、目を軽く洗ったら新しいコンタクトレンズを入れてあげるのが良いでしょう。

普段コンタクトレンズを使っている人がコンタクトレンズを外して水泳を楽しむ方法は?

視力が悪い人が趣味や競技で水泳をするときに、初めからコンタクトレンズをつけないで泳ぐという人もいます。

その様な人たちは、視力が悪い人様に作られた度が入ったゴーグルを着用して水中でも快適に周囲が見れるようにしているのです。

陸上でメガネをつけているのと同じ感覚でゴーグルで視力を調整するのも有効な手段なので、プールでコンタクトレンズを使用することに抵抗がある人は、度付きのゴーグルを着用することをおすすめします。

メガネ屋さんでメガネのレンズを選ぶ様に豊富にゴーグルの度を選択することは出来ませんが、度付きのゴーグルは度の強さが何段階かに分けられて販売されているので、自分にピッタリ合うものを選べば快適に泳ぐことができます。

水泳が趣味な人は、実際にコンタクトレンズをどうしてる?

視力が悪い人が水泳をする時には、使い捨てのコンタクトレンズを入れたまま泳ぐ方法と、度付きのゴーグルを使用して視界を確保する方法があります。

実際に水泳に取り組んでいる人はどちらが多数派なのでしょうか?

本格的に水泳をトレーニングする場合は、水から顔を上げて時計を見たり、コーチからアドバイスを受ける際にメニューの書かれた紙を見る機会があるでしょう。

健康のために長時間泳いでいると言う人も、休憩を取るときにはゴーグルを外したくなるでしょう。

そんな時、しっかり物を見ようと思ったら、泳いでいないときでも、度付きのゴーグルをかけなくてはいけなくなってしまうので、かなり視力が悪い人はコンタクトレンズをしたまま、度なしのゴーグルで泳いでいる人が多いようです。

また、プールサイドにメガネを持ち込んで、水中から上がった時にはメガネを着用し、水中では度付きのゴーグルを使用している人もたくさんいます。

自分の視力の具合や、どんなスタイルで水泳に挑んでいるかによって、水泳中にコンタクトレンズを使うか、使わないかが違ってくるようです。

視力が悪い人は、一度コンタクトレンズをしたまま泳いだ場合と、度付きのゴーグルをつけて泳いだ場合の感覚を確かめてみるのが良いでしょう。

自分の感覚に合う方を選んで衛生的に使っていけるなら、コンタクトレンズをしたままでも、度付きのゴーグルでも、どちらも正解です。

まとめ:コンタクトレンズをしたまま水泳をしても良いの?と密かに疑問に思っていた人も実は多買ったのではないでしょうか?

疑問に思っても、誰に聞いたら良いものかわからずに、自信のないままコンタクトレンズを付けて水泳をしていた人、度付きのゴーグルををしていた人、結果的に自分に合うならどちらも正解です。

コンタクトレンズを使う場合は、必ず使い捨てのものを使うこと、ゴーグルを使う場合は、ゴーグルを使用することにきちんと洗って清潔に保つことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です