【令和の消費税】軽減税率は5つの情報を学べば完璧です!

こんにちは、ミズキです。

令和に変わって、消費税も変わりますよね。これからの生活で知っておきたい情報ってありますか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

新元号が『令和』に変わり、新たな時代へと進む日本。

その新たな時代の開始と共に、税制改正が行われ、2019年10月1日から新たな制度が実施されます。

『軽減税率』今回は、令和より新たに運用される、この新しい税率についての情報をお伝えしたいと考えています。

軽減税率とは何か!令和時代を生き抜くために知っておこう

軽減税率とは、消費税増税に伴い、所得の低い国民の生活への対策として実施される制度のことです。

まず、国内で販売されているものを『生活必需品』と『贅沢品』に分けます。

生活必需品のみを現在の消費税倍率のままで販売、贅沢品のみに増税後の消費税を当てることで、低所得者への負担を低減させる目的で実施される制度です。

政府は2019年10月から、消費税を現行の8%から、2%上昇した10%に引き上げることを検討しており、それと同時に実施させることが明言されています。

令和時代の生活必需品と贅沢品の定義

基本的に政府が定義している生活必需品は、主に食料と定期購読の新聞になります。

贅沢品は『それ以外のもの全て』であり、一律で増税の対象となる商品です。

生活必需品となる食料ですが、基本的に『持ち帰るもの』を対象としています。

外食などの店舗内で提供され、店舗内で消費する食料や、ファストフードの店内飲食などは対象ではありません。

また、食料の定義は、基本的に『人間が食べるもの』と定義されており、ペットや家畜用の食料も同様です。

保冷を目的とした氷や、水道水、アルコール全般(度数5%を超えるみりんや調理酒を含む)も、飲料扱いにならず、生活必需品の定義から外れます。

特殊なものとして、電子書籍や、コンビニやスーパーで売られている定期購読以外の新聞も軽減税率の対象外です。

令和時代の軽減税率制度実施で我々の生活はどう変わるのか

軽減税率実施によって、大きく変わるのは、まず『アルコール類の値上げ』です。

全アルコール商品が一律で2%の値上げになるので、元の値段が通常の飲料に比べて高いアルコール類は、それだけ税による負担額が大きくなります。

また、持ち帰りが可能な一部のファストフード店や、大型店舗のイートインコーナーなどでは、テイクアウトか店内飲食かを判別するシステム導入が急務になります。

店内飲食であるのにテイクアウトを注文し、店内やイートインコーナーで食べていく、税収逃れが発生することを防ぐ為に、火急の対策措置が必要でしょう。

一般家庭においては、水道料金を始めとした各種公共料金が一律2%の値上げとなるため、これらを軽減するための方法や、省エネルギーの生活などを心掛ける必要が出てきます。

令和時代における軽減税率実施後の負担を軽くするには

まず言えることは『不要な外食を控える』ことでしょう。

基本的に家の中での飲食を心掛けることで、軽減税率の恩恵を最大限に受けることが出来ます。

また、省エネグッズや家電などの購入も、対策として優秀です。

公共料金が一律で値上げになるため、それらの消費を抑えられる家電は、長い目で見ればかなりの額の節約となるでしょう。

また、電力やガス会社を変更し、自分の導入しているサービスに合ったものに変えることで、大幅に料金を下げることができます。

最近では通信会社が、電力事業やガス事業に参入し、契約を一括にすることで、大幅な値引きなどのサービスを提供している企業があります。

それらを検討して、最適なサービスを導入することで、公共料金の大幅な減額が可能となります。

令和時代で贅沢品を買う時に抑えておきたいことは

贅沢品の殆どは軽減税率の対象外となり、一律2%の値上げが実施されてしまいますので、まずは『不要なものは買わない』という癖を付けておくのが良いでしょう。

加えて、贅沢品を買う時は、あえて『まとめて買う』というのも、一つの手段です。

軽減税率実施と同時に、中小・小規模事業者へのキャッシュレス対応の為に、国が対策として補助金を出すことが決定しています。

また、導入から一定期間になりますが、キャッシュレス決済をした際に、割引やポイント還元などを支援として行う事を、国が明言しています。

ですので、例えばクレジットカード決算や、各種携帯電話会社などが提供している『QRコード決済』などを積極的に利用すると、実質的な負担減となります。

会社独自のポイント付与サービスや、割引サービスを展開しているものもあるので、自分が使った際に何が一番得か、というのを考えて導入すると良いでしょう。

軽減税率対象商品にも使えますが、ポイント付与は金額に比例するため、値段の高い贅沢品を買う時に利用すると、より多くのポイントが貯められます。

キャッシュレスへの移行を積極的に行うことで、実質的な負担は大きく軽減されます。

令和の消費税で変わっていく生活環境-まとめ

軽減税率と消費税の増税により、生活必需品以外の商品が軒並み値上げとなるため、家計の負担増は免れません。

しかし同時に実施されるサービスを利用することにより、それらの負担を最小限に抑えることが出来ます。

『令和』という新年号に変わるのを機に、今自分が使っているサービスなどを見直して、備えることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です