【日焼けが痛い原因と対策方法を解説】日焼けしたら絶対やっちゃダメなNG行動とは?

こんにちは、ミズキです。

日焼けが痛くなる原因って何だろう。日焼けしたときにやっちゃダメな行動ってありますか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

夏場に太陽の光を浴びますと、皮膚が赤くなったり黒っぽくなってきたりと、変化が出てきます。

見た目通りに、日に焼けたあとの症状によるものです。

この状態で何も感じなければ、とくに問題はないです。

しかし悪化してしまいますと、痛みを感じることもあります。

日焼けした後の皮膚の痛みは、個人差があります。

ただ症状が酷いと、少し触るだけでも激しい痛みを感じます。

そうなりますと、夜は睡眠を取るだけでも一苦労で、布団の上に横になることも難しいです。

男性の場合は、上半身裸の状態で日焼けをすることもあります。

洋服を着る時にも、肌が布地へと触れてしまうので、その度に痛みを感じます。

この様に日焼けをすれば、見た目だけではなく、体にも変化が出てきます。

なぜ、痛みを感じることもあるのでしょうか?

日焼けして痛いのはやけどしているからです

日焼けで肌の色が変化していたり、痛みを感じるのはやけどをしている証拠です。

やけどというと、火気や熱湯など熱い物に触れた時に、刺激を感じ皮膚が赤くなってしまうことがあります。

症状によっては、水膨れや皮が捲れてしまいます。

この様に、熱い物を扱う時にはやけどをしないようにと、慎重に扱うのです。

しかし日焼けは、同じやけどの症状でありますが、先ほど書かれたやけどとは異なります。

夏場に外でプールや海などで遊んでいますと、日中は太陽の光に浴びていることになります。

とくに天候は良いと、長く外に出ているほど、強い紫外線にあたっています。

浴びている時は自覚症状が出ませんが、体の表面からダメージを与え、低温やけどになってしまうのです。

その時に予防をすれば、日焼けの症状を抑えることもできます。

怠ってしまいますと、皮膚の色が変わってしまったり、体に熱がこもってしまうことにもなるのです。

その為、日焼けして痛くなるのは、やけどをしているからなのです。

日焼けで痛みを感じたらどうすればいいの?

日焼けをして痛みを感じましたら、やけどをしている証拠です。

やけどをしていると分かりましたら、普段のやけどの応急処置と同じように、熱を取りましょう。

体が熱いなと感じていれば、冷たいシャワーを浴びるか、冷やしたタオルを患部にあてましょう。

腕や脚など日焼けをしている範囲が狭ければ、保冷剤を包んだタイル、または氷のうでもOKです。

また上半身、または体全体に日焼けになっていましたら、水風呂に入る方法もあります。

ただし、水風呂に入ったついでに体を洗いますと、刺激を与えることから痛みが強くなってきます。

ある程度体を冷やしたら、化粧水や乳液など付けて、皮膚の表面を保湿しましょう。

日焼けをして痛みを感じる時は、皮膚の表面にダメージが与えられて、免疫力が低下しています。

その為、化粧水などで保湿しながら免疫力を上げましょう。

日焼けをして痛みを感じた時のNG行為

日焼けをして痛みが和らぎますと、皮膚の皮が捲れることもあります。

この時、捲れた状態が汚く見えるからといって、強引に皮をひっぱることがあります。

無理に皮を捲りますと、皮膚の免疫力が下がっている状態なので、雑菌が入ることもあります。

その為、皮膚を触らないまま、自然に元の状態へと回復することが正しいのです。

気になりましたら化粧水などの保湿を心掛けて、捲れた皮を絶対に触らないようにしましょう。

また、皮膚の表面に刺激を与えられている状態な為、外出する時には日焼け止めを付けるなど予防しましょう。

更に日焼けをしますと悪化し、専門家などの処置が必要になってきます。

日焼けをしすぎますと、年齢を重ねた時に肌に、シミやソバカスが出てくることもあります。

将来の肌の老化が気になるのでしたら、強引にダメージを与えないようにしましょう。

日焼けをして痛みが和らだあとの肌ケア

日焼けをして痛みが和らいても、体内に熱がこもっていることもあります。

体内に熱がこもったままですと、その分だけ水分が外に出てくることから、水分を多めに摂りましょう。

また皮膚に刺激を与えられたことから、早く回復させようと体の内側から働きを掛けます。

肌を元の状態に戻すために、ビタミンCやビタミンEやたんぱく質などの栄養分を、多く摂取するように心掛けましょう。

皮膚の表面は、冷やすことによって和らぐことができます。

しかし、傷ついた皮膚の表面を回復するには、体の中で蓄えた栄養分が必要です。

とくにビタミンCは、化粧水など化粧品にも含まれている、肌にとって必要な栄養素。

皮膚の免疫力を上げる効果もあることから、意識して摂ることを勧めます。

日焼けが痛い原因と対策方法について-まとめ

日焼けで痛みを感じましたら、早めの処置をすることによって、短時間で和らぐことができます。

しかし、やけどという認識が低いことから、ケアすることによって悪化することもあります。

将来的においては、肌の老化の原因の1つにもあてはまります。

とくに美肌を目指す女性は、ガッツリと日焼けをしないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です