雨の日の頭痛なぜ起こる?対策はあるの?【気象病を解説】

みなさんは雨の日に、なんとなくだるい。頭がズーンと重い。といった体験はありませんか。

実はこれらは「気象病」と呼ばれる、気象の変化によって引き起こされる体調不良です。

けっして気のせいなどではありません。

では、これらの辛い「気象病」への対処方法はどうすれば良いのでしょうか。

雨の日に発生する頭痛の種類とは

雨の日に頭痛が起こるのは、急な気圧や気温の変化のせいであると言われています。

また、頭痛にも頭全体が締め付けられるように痛んだり、頭の片方がズキズキと痛んだりといった違いがあります。

これらに違いはあるのでしょうか。

実は、これらの頭痛はそれぞれ、緊張性頭痛と偏頭痛と名付けられています。

そして、緊張性頭痛と偏頭痛では発生のメカニズムが違うため、頭痛の対処方法が違います。

では、それぞれの頭痛の発生メカニズムと、その対処方法について解説します。

緊張性頭痛の場合

緊張性頭痛とは、急激な気温や気圧の変化でにより交感神経が刺激されることで起こる頭痛です。

刺激された交感神経は血管の収縮を引き起こし、血液の循環が悪くなり、さらに頭痛が悪化すると言う非常に厄介な頭痛です。

緊張性頭痛への対処方法ですが。原因が交感神経の刺激による血管の収縮ですので、なるべくリラックスをしたり、血管の収縮を解消することを考えましょう。

具体的には、

  • 軽い運動で全身をほぐす。
  • お風呂に入り体を温める。
  • 温かいものを飲む等の対処方法が有効です。

特に、疲れが溜まっていたり。

体が凝っていると言う人は全体的に血流が阻害されている場合があります。

マッサージや長めの入浴などで日々疲れをとり、血液の循環を良くすることを心がけましょう。

雨の日の偏頭痛の場合

偏頭痛とは、気圧の変化により拡張された血管が神経を物理的に圧迫することで起こる頭痛です。

頭の片側にズキズキと鈍い痛みを感じたら、それが偏頭痛です。

偏頭痛への対処方法ですが。原因が血管の拡張による神経への物理的な刺激ですので、拡張した血管をもとに戻すことを考えましょう。

具体的には頭を中心に体を冷やすといったことが有効です。

特に首の周りには種となる血管が多数ありますので、首を冷やすといった方法が効果的でしょう。

その他、冷たいものを飲むということも効果的です。

また、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは血管収縮作用があるため、偏頭痛を抑える効果があると言われています。

雨の日に頭痛になりたくない人のために

ここまで雨の日の頭痛の種類とその対処方法について書いてきました。

しかし、対処方法ではなく、そもそも頭痛にならないように回避方法を教えて欲しいと言う方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、雨の日の頭痛の回避方法を1つ紹介します。

それは、可能な限り気温、体温、気圧などをコントロールすることです。

どういうことかと言いますと、雨の日はなるべく外に出ず、部屋の温度を一定に保つようにしましょう。

そうすることで、気温や気圧の変化により、血管が収縮したり、逆に拡張したりといった変化を最小限に抑えることができます。

しかし、学校や仕事などで部屋にこもることが難しいと言った方多いと考えられます。

そんな方は、なるべく体温調節できるよう、脱げる服装にする。もしくは羽織れる服を持っていくなどの工夫をしましょう。

雨の日がダメな人のために

それでも痛みが緩和されない、頭痛が頻発するといった場合は迷わず病院に行き、適切な薬を処方してもらいましょう。

市販の薬ではいけません。

市販の薬は、痛み止め、頭痛薬といってもいろんな種類があるからです。

先ほども書いた通り、一言に頭痛といっても、原因は1つではありません。

自分の頭痛の原因と合っていない薬を飲んでも効果は期待できません。

また、病院に行った際は、お医者さんに自分の症状を明確に話しましょう。

頭全体がキリキリと痛む。頭の片方がズキズキと痛む。この違いだけでも、処方される薬が変わってきます。

雨の日の頭痛の対策方法-まとめ

ここまで、雨の日の頭痛の対処方法について書いてきました。まとめると、自分の頭痛の特徴を知ろう。(緊張性頭痛なのか偏頭痛なのか)。

それぞれの頭痛によって適切な対策を取ろうと。

緊張性頭痛なら、体を温めたり、マッサージを行うことで痛みが緩和される。

偏頭痛なら、体を冷やしたり、カフェインの摂取によって痛みが緩和される。

また、気象の変化によって引き起こされる頭痛を回避するために、可能であれば室内で気温のコントロールを行おう。外に出る場合は、体温の調節ができる服装を心がけよう。

ということになります。

繰り返しになりますが、最終手段はやはり病院です。

お医者さんに、適切な薬を処方してもらえるよう、自分の症状を詳細に把握し伝えましょう。

皆様が辛い頭痛から一日も早くさよならできることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です