アイスクリームは何歳から食べれる【子供に与えるための3つの注意点】

こんにちは、ミズキです。

アイスクリームって何歳から食べることができますか?子供にアイスを与えるなら何歳ぐらいがいいでしょうか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

小さな子供にアイスクリームをいつ食べさせていいのか悩んでしまいますよね。

子供がアイスクリームを食べたいと言い出してしまったら、大人からしたら食べさせてあげたいと思いまよね。

自分だけ食べるのも罪悪感だなと思うこともあるかもしれません。

でも、アイスクリームを与えるにしても糖分多いし、冷たいし、小さな子供にアイスクリームを本当にあげていいのかどうか悩んでしまいます。

そこで、アイスクリームは何歳くらいから食べさせていいのかについてお話ししていきたいと思います。

アイスクリームは何歳から食べれるの?小さい子供にアイスクリームをあげてはい理由を解説

どうして小さい子供にアイスクリームを与えてはいけないのかというと三つの理由があります。

胃に負担がかかりすぎる

幼児は消化器官がまだ完全に整っているわけではありません。

そのために熱いものや冷たいものは消化器官に悪影響を及ぼしてしまいます。

そのために冷たいアイスクリームは負担を与えてしまうので、小さい子供にはあまり与えない方がいいとされています。

ですので、小さいうちは、適温で与えるのがいいと言われます。

大人でも冷たいものを食べるとお腹を壊してしまう人もたくさんいます。

ですので、小さい子供はなおさらお腹をこわしてしまいがちになりますので気を付けるべきです。

アレルギーの心配

小さい子供はアレルギー反応が出てしまうことがあります。

アイスクリームを作る過程で、どれほどの材料が使われているかなどが消費者にとって分かりにくいところがあります。

家庭でアイスクリームを作るとしたら配慮出来るところはあるかもしれませんが、お店で買う場合には心配する要素がたくさんあります。

特に牛乳や卵などが使われている場合がたくさんありますので要注意です。

栄養的には摂取しなくてもいいもの

アイスクリームは脂肪分や糖分がとても多い食品です。おやつで栄養素を補うものとしては不適切な食品です。

小さい子供に与える場合には、栄養素の補給として大切な食べ物を与えることが大切です。

アイスクリームは何歳くらいが適切なのか

アイスクリームを与えるとしたら、三才くらいがいいと思います。

なぜ三才くらいがいいのかというと、三才くらいになるとある程度消化器官が成長して整ってくる頃だからです。

三才の子供より小さい子供に比べると、ゆっくりしたペースで食べることができるので、適していると言われています。

アイスクリームを子供に与えるときの注意点

3才になると消化器官も整うし、安心してアイスクリームをあげてもいいのかと思うのはよくありません。

確かに消化器官が整ってきているかもしれませんが、大人のようにたくさんのアイスクリームを与えるとおなかを壊してしまうこともあります。

そこで気を付けたいことは、少量にすることです。

その日の体調などもありますので、子供がたくさん食べたいと言ってきてもある程度制限して管理してあげることが大切です。

次に、アイスクリームの原材料を確認することです。特にアイスクリームの中に牛乳や卵を使われたものが多くありますが、それ以外にも、アーモンドなどのナッツを使用したものもあります。

アイスクリームは様々な種類がありますので、子供がアレルギーがある人にはよく注意して確認しておく必要があります。

三つ目に、虫歯に気を付けることです。アイスクリームは糖分が多いので虫歯になりやすい傾向にあります。

そのために、食べた場合には、きちんと歯磨きをすることを心がけることが大切です。

アイスクリームは何歳から食べることができますか?-まとめ

アイスクリームを与えることは、小さい子供にあげるときには特に注意が必要です。

冷たいものだし、脂肪分も多いために栄養的には摂取してもあまり効果がありません。

でも、食べたいと言われたときには、アイスクリームを全て与えるのではなく、少量ずつあげることが大切です。

また、与える場合には早くても三才くらいを目安にあげるといいのかもしれません。

特に気を付けたいこととしては、アレルギーの心配です。

アレルギーで体の反応がたくさん出てしまう場合には食べることを控えることや、きちんと病院で見てもらうようにするといいと思います。

もし、市販のものが気になってあげたくないけど、子供が欲しがってるしあげたいなという場合には、家での手作りでアイスクリームを作ってみるのも一つの手かもしれません。

家で作ることで、アイスクリームを作る楽しさを覚えるだけでなく、家族の会話も増えるし、子供の興味も沸いて楽しく作ることができます。

子供にアレルギーがある家庭には、アレルギーの食品を削減して作ることが可能です。

そのために、アレルギー心配も減っていくといった、メリットが多いと思います。

家族みんなで楽しくおやつの時間を楽しめるのが何よりも大切なことなので、小さい子供も楽しくアイスクリームを味わう時間が作れるといいのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です