【一人暮らしの説得は?】女性社会人が使いたい親を納得させる3つの方法

こんにちは、ミズキです。

一人暮らしを始めたいのですが親に反対されます。女性なので親は心配しているようです。配性な親を説得させる方法はありますか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

社会人になると、仕事でのお付き合いの延長でお食事に出かけたり、遠方へ出向いて研修を受けたりなど、帰りが遅くなることが増えると思います。

学生の頃ですと、多少帰りが遅くなっても翌朝にゆっくり眠れたらいいかと思うこともしばしばありますが、社会人になればそうもいきません。

朝も夜も満員電車で通勤するのは疲れますし、スーツやハイヒールを身につけて出かけることによる負担は大きいです。

かといって、飲み会や仕事をキャンセルすることは社会人になるともっと難しいでしょう。

結論は一つしかありません。

一人暮らししましょう。

通勤の疲労をなくし、身体的負担をすぐに解消できる生活を過ごしましょう。

出会いの場や仕事のチャンスを失うことのない有利な環境を手に入れましょう。

事実、20代後半を過ぎて結婚していない女性の多くは、実家暮らしをしています。

家族と仲が良いのはもちろん良いことですが、それは一人暮らしをしても可能です。

それよりも、気軽に恋人を部屋に呼ぶなど、実家暮らしでは達成できないことのほうが圧倒的に多いのです。

しかし、人によっては家族の反対があって一人暮らしできないという場合もあるでしょう。

学生時代に下宿を経験していないと反対される可能性はグッとあがります。

そんなお悩みを解決する、説得テクニックを3つお教えします。

  • 一人暮らしでの生活の安全面を最大限にアピールすることです。
  • 成長の機会として一人暮らしを利用すると伝えることです。
  • 寂しがる家族の気持ちを汲んでコミュニケーションをとることです。

では、順を追ってご説明いたします。

女性社会人の一人暮らし説得方法①-安全だと思わせることで頷いてもらう

女性の一人暮らしという話題になったとき、ご家族の方がまず口にするのは安全面でしょう。

治安は良いところなのか、泥棒に入られやすい物件ではないか、暗い道などを通らないか、などご家族にとっての心配の種は尽きません。

もちろん、安全であることは一人暮らしをする本人にとってもメリットのあることです。

ですので、まずは治安や安全面に問題のない物件選びをしましょう。

そして、その安全面を上手にアピールするのです。

賃貸でも、オートロックのついているマンションはたくさんあります。

最低限、物件探しの条件に入れましょう。

一人暮らしの物件探しで気をつけること!【女性が注意すべきポイント】

また、3階よりも高層階に住む、角部屋を避けるなど比較的泥棒被害に遭いにくい物件探しをしてください。

地域の治安についても、不動産会社の方が教えてくれるでしょう。

また、職場に近い地域であれば同じように一人暮らしをしている先輩に聴くこともできます。夜道の明るさを写真で取っておくなども方法の一つです。

ただ、一人暮らしを反対するご家族でしたら、それでもまだ心配されることでしょう。

その場合、本人以外の方にも説得をしてもらいましょう。

ポイントは、不動産会社の担当者や先輩の中から、女性を選ぶことです。

男性目線の安全と、女性目線の安全はまるで違います。

なので、「同じ女性の目線で見ても安心できる地域だ」と経験を語ってもらうことでご家族の安心感を獲得しましょう。

女性社会人の一人暮らし説得方法②-成長したいという前向きさを示して頷いてもらう

実家暮らしが長いと、どうしても家事をする能力を向上させる機会が減ります。

また、一人で家計をやりくりするという金銭感覚も実践的に行うことなしに身につけることは難しいです。

ご家族には、自分一人で炊事、洗濯、掃除など家事全般がこなせるようになりたいという意思を明確に伝えてください。

そして、貯金額の目標などを共有し、無駄遣いしたり遊び歩いたりしないという宣言もしておきましょう。

実際のことはお伝えしなければ大丈夫なので、強く宣言してしまって問題ありません。

ただ、家事をできる人になりたいというアピールをする際に、1点注意が必要です。

それは、「結婚」というキーワードを出すことです。

一人暮らしを反対しているご家族の方、特にお父様であれば結婚相手にも厳しい可能性は充分に考えられます。

なので、結婚したいから、良いお嫁さんになりたいからというアピールが逆効果になる恐れがあります。

おすすめのアピール方法としては、ご家族になにかあったときにお世話できるようになりたいという親孝行の意思を伝えることです。

たとえば、「お母さんがもし怪我をして台所に立てなくなったとき、私がご飯を作れたら少しは助かると思う」などが具体的なアピール方法になるでしょう。

今まで育ててくれた恩を感じている、もしものときのために成長したい、という話を娘からされて嫌がるご家族はいらっしゃらないでしょう。

一人暮らしを許してくれたものの、あまり乗り気ではないご家族には、作った料理の写真などを見せて「いつか皆にも食べてもらうね」など実際に家事をしている様子をアピールしましょう。

あのときの宣言は本気だったのかと思わせることができますし、結婚しようと独身貴族で生きていこうと家事ができることはプラスの能力です。

女性社会人の一人暮らし説得方法③-寂しがる気持ちを理解して頷いてもらう

子どもを一人暮らしさせるときに、ご家族が寂しくなるのは不思議なことではありません。

子どもが姉妹なのでいつか全員お嫁に行ってしまうと思っている方もいるでしょう。

一人っ子なので、「子どもが一人暮らししている様子」を想像できない方もいるでしょう。

なので、それを「寂しくなんかないから」と突っぱねてしまうことはよくありません。

こまめに帰省したり、定期的に連絡する約束をしておくことが望ましいでしょう。

LINEなどをまだご利用ではないご家族の方がいらっしゃるようでしたら、LINEを使える環境を用意してあげて連絡が取りやすい条件を整えることも良い手でしょう。

もし、遠方で難しい場合には父の日や母の日、誕生日の贈り物など家族をねぎらうサービスを一人暮らし提案前から実行しましょう。

そして、「新しい家の近くにはこんな店があるから送るね」など、一人暮らし開始以降もこのサービスが続くとイメージしてもらうことが大切です。

ご家族の方を忘れずにいてくれているという実感をしてもらうことで、少しでも寂しさを軽減できるように努めましょう。

女性社会人の一人暮らし説得方法④-単独での説得よりも複数での説得

この3つの方法は、あくまでご兄弟・姉妹の方に頼らないことを想定した方法になっています。

もしも、ご兄弟・姉妹の方がいらっしゃるようでしたら、先にその方々にご相談し、説得に協力してもらいましょう。

同じ世代の人々の意見は貴重です。

ご兄弟・姉妹の方から、社会人の方の一人暮らし成功例など情報を集めてお話するのも良いことです。

いとこなどの親戚の方でも仲の良い方であれば同様に協力してもらいましょう。

一人で説得することは労力が必要です。それよりも作戦を立て、複数名で囲い込みを行う方が吉です。

ただ、先ほども述べたように結婚のお話がタブーのご家族もいますので、できればそのようなお話は耳に入らないようにしてもらいましょう。

また、世代が上の方の経験談だと女性に対して過保護な可能性がありますので味方になっていただく方は選定をする必要もあるでしょう。

女性社会人が一人暮らしをしたかったら親を説得しよう-まとめ

  • 女性目線での安全面の確認
  • 前向きな成長としてのアピール
  • 寂しさに寄り添うような理解とサービス

この3つが一人暮らしの説得において肝要です。

一人暮らしによって、あなたの生活は可能性を広げ、豊かになります。

ぜひとも、有意義な社会人生活になるようにご家族とよくお話してください。

一人暮らしで得られるものって何だろう?【自立で手に入る4つのメリット】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です