一人暮らしの物件探しで気をつけること!【女性が注意すべきポイント】

こんにちは、ミズキです。

一人暮らしを始めますが物件探しの注意ポイントってありますか?女性が注意しておきたいポイントがあれば教えて欲しいです。

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

一人暮らしを始める場合は、自分一人で物件を探すことが多いです。

どのような物件を選べばいいか判断に迷うこともありますよね。

それぞれの希望によって、物件に求めるニーズが違ってきます。

ですが、基本的に押さえておきたいポイントがあります。

後悔しないためにも、正しい物件探しをすることが大切です。

この記事では、「一人暮らしの物件探して気をつけること」について伝えていきます。

一人暮らしの物件探して気をつけることは優先すべきポイントを決めておく

物件探しでは、全ての希望が叶うような物件を見つけることは難しいケースもあるでしょう。

自分がいいと思う物件は、他の人にとっても魅力的であり、物件選びのタイミングによっては競争率が高くなることも考えられます。

たとえ百点満点でなくても、自分なりに合格点をつけることができるものを探すことは可能です。

様々な希望を詳細に挙げていくと、その全てに該当するような物件は探しにくくなりますが、自分の中で優先順位をつけていくと選びやすくなります。

日常生活の快適性や利便性を高める意味から、優先的に考えるべき項目はある程度絞られてきます。

一人暮らしの物件探しで気をつけることは徒歩何分に注目する

毎日の通勤や通学をスムーズに行うためには、駅から徒歩圏内の物件を探すことが必要です。

徒歩何分かは、物件の説明文を読めば記述されています。

その際に大切なのは、数字上だけで判断するのではなく、実際に自分で駅までの道のりを歩いてみることです。

たとえ駅から徒歩圏内であっても、歩きにくい道や坂道の多い道であれば、ストレスがよりかかります。

特に女性の場合は、帰宅時に人通りが極端に少なくなるような道は、防犯上からも好ましいとは言い難いです。

暗い道も避ける方が無難です。

ある程度人通りがあって、明るさのある道が利用しやすいと言えます。

また、徒歩何分とあっても、体力には個人差があるため、実際に自分で歩いてみて体感することは大切です。

駅までの道で陸橋を使う必要がある場合は、階段をのぼる労力もあります。

徒歩圏内というだけで判断するのではなく、そのような様々な要素も考慮すれば、確実な交通利便性の状況を把握することができるでしょう。

一人暮らしの物件探しで気をつけることは家賃の違いも意識する

物件探しの場合に最も気になる点は、賃貸であれば、やはり家賃のことでしょう。

月々の家賃負担をできるだけ軽く済ましたいのは当然の思いです。

もちろん物件の広さや設備、立地条件などによって家賃に違いがあります。

良い条件であればそれだけ家賃が高くなることもあります。

よりコストパフォーマンスの高い物件を見つけるためには、信頼できる不動産会社に相談することが大切な点です。

物件選びがスムーズに進まないと、多少家賃が高くても妥協してしまうこともあります。

家賃に関してはできるだけ妥協せずに、希望額に近い物件を探すことも必要ですね。

1か月で見れば大した金額の違いはなくても、1年を通じて考えれば大きな金額の違いになるからです。

長年そこに住むつもりであれば、なおさら家賃負担の違いは大きくなります。

たった1000円程度でも違いがあります。

年間単位で考えれば1万円を超える額を余分に負担することになり、数年単位で考えればさらに大きな負担になります。

家賃にプラスして管理費と共益費も月々にかかる場合があるため、総額での負担もしっかり意識しておきましょう。

一人暮らしの物件探しは気をつけることはセキュリティ問題

特に女性の一人暮らしは、できるだけセキュリティの充実している物件を選ぶことが大切です。

オートロックや防犯カメラ、訪問者チェック体制などがあれば安心感も高まります。

ですが、モニター付きインターホンが設置されているかどうかも意識しておきたいところです。

モニター付きインターホンがあれば、訪問者の顔をモニター越しにチェックできるため、安易にドアを開けないなどの対策をとることができます。

また、煩わしい訪問セールスにも効果的に対処することが可能です。

セキュリティ体制はそれぞれの物件によって違いがあり、家賃との兼ね合いも合わせて適切な物件を選ぶ必要があります。

また、特にアパートやマンションでは、近くの部屋からの騒音が気になるケースもあります。

住んでみなければわからない点もありますが、建物構造から事前に防音面を判断することも可能です。

物件の見学の際には、意識して周囲から大きな音がしていないかどうかも確認しておくといいでしょう。

もちろんマンション内部だけではなく、周辺の騒音状況についても意識する必要があります。

マンションのすぐそばに大型道路があれば騒音も大きくなるため、そのチェックも必要です。

日中と夜間では違うケースもあります。

できれば両方の時間帯で確認しておくと正確な判断が可能です。

セキュリティ面や騒音についてなど、不安な点があれば不動産会社の担当者や物件の管理人などに確認してことが必要です。

一人暮らしの物件探しでは周辺環境をしっかりチェックする

住居の快適さは、建物設備や室内状況によって決まる部分が大きいです。

生活利便性は、近隣に必要な設備が揃っているかどうかが大切な点です。

生活に必要な食料品や日用品を購入できる場所が近くにあることは、生活利便性を高める意味で重要です。

スーパーやコンビニなどが、住居周辺に存在するかどうかをしっかり確認しておく必要があります。

もちろん、郵便局、病院、警察署などが近隣にあればさらに便利です。

少なくとも毎日必要なものを購入できる場所が近くにあることは大切な条件です。

駅から近い物件であれば、これらの設備が充実している場合も多いです。

ですが、あまりに駅が目の前であると周辺が混雑しているという点もあります。

上手にバランスをとって、快適な生活が実現できそうな物件を選ぶことが必要です。

一人暮らしの物件探しで女性が注意したいチェックポイント-まとめ

一人暮らしの場合は同居人がいないため、他の人に気兼ねする必要がありません。

自分の好みに合った物件探しができる点がメリットです。

様々な物件はそれぞれのメリットについて書かれていますが、大切なことは物件見学の際に意識しておくべきポイントを自分なりに整理しておくことです。

実際に自分で建物設備や室内状況、周辺環境を確認しておくことが大切です。

疑問や不安な点があれば不動産会社に確認して、総合的に納得できる物件探しを行っていくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です