【一人暮らしの食事】節約をしなら栄養バランスを整える3つの方法

こんにちは、ミズキです。

一人暮らしを始めますが節約しながら食事をとりたいです!食事の栄養バランスも大事になってきますよね?良い方法はありませんか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

一人暮らしの場合、忙しさや面倒なこともあって、つい簡単な食事にしてしまいがちです。

面倒だからと言って、外食ばかりでは食費がかさんでしまいます。

とはいえ、安いカップ麺やインスタント食品ばかりでは、栄養のバランスが崩れてしまいます。

食費を節約できても、体調を崩してしまい、結局は医療費や薬代などかさんでしまうかもしれません。

このような悪循環にならないためにも、一人暮らしでもできるだけ食費を抑えながらも、栄養のバランスの取れた食事をするように心がけたいものです。

その為にもまずは基本的な栄養が含まれている3つの食品を中心に摂ると良いでしょう。

それは主食の、

  • 炭水化物
  • 大豆食品
  • 野菜

などになります。

何も考えずに食事を摂ろうとすると、どうしても炭水化物中心になりがちです。

それを防ぐためにも、「必ず主食の他にタンパク質と野菜」のおかずを取り入れるようにしましょう。

食事をする時にこれだけでも抑えておくことで、ある程度バランスの取れた食事になります。

一人暮らしでも節約出来る食事を心がける為には、まとめて作っておき、冷凍保存が便利です。

一人暮らしの食事は主食を節約してみる

自炊が苦手な場合なら、まずは主食のごはんやパン、または麺類だけでもやってみると良いでしょう。

私がお勧めする方法は、ご飯はまとめて炊いておき、それを1食分ずつに小分けをして冷凍保存をしておきます。

食べる時はレンジで解凍するだけで食べられます。

1食分ずつラップに包んでおくのも良いですが、タッパを利用することで、そのままレンチンすれば食べられるので、お弁当などにも便利です。

パンは冷凍保存をしやすい食品です。

自然解凍でもできますが、焼いたり、温めたりすることで、さらに美味しくなります。

パンが紙袋に入っている場合は、そのまま冷凍すると味が悪くなってしまいます。

ビニール系の袋やラップなどに入れ直して冷凍したほうが良いでしょう。

麺類はパスタなどの乾麺をまとめて茹でておき、それを冷凍保存しておくと便利です。

あらかじめ味をつけたものを冷凍保存しても良いでしょう。

インスタント麺も手軽に食べられる食品で便利です。

しかし、それだけだと栄養のバランスが悪くなってしまうので、肉や野菜などをトッピングするようにしたいものです。

一人暮らしの食事は冷凍保存を活用して節約

食事を節約するためにはまとめて冷凍保存が便利です。

一人暮らしの場合は休日を利用して、1週間分まとめて作っておけば、忙しい平日に無理なく、手間無く食べることができて便利です。

レンチンしてすぐに食べられる食事があると、わざわざ食事を買ったり、用意しなくて済むので、節約だけではなく、気持ち的にも楽になります。

時間がない時や、面倒な時はおかずだけレトルト食品を利用したり、お茶漬けやふりかけなどがあれば、簡単に食べることができます。

しかし、毎日そればかりだとやはり栄養のバランスが崩れてしまうので、肉や野菜のおかずもストックしておくと便利です。

タンパク質のおかずは缶詰などを利用するのも良い方法です。

そのまま食べることができますし、常温で保存ができ、保存期間も長いので重宝します。

野菜は保存期間が短く、一人暮らしだと食べきれないものです。

野菜ジュースや青汁などを上手く活用するのも良い方法です。

一人暮らしの場合は特に野菜が不足しがちです。

意識して野菜を摂るように心がけたいものです。

また、冷凍野菜を利用するのも一つの方法です。

そのまま加熱すれば食べられるので、ストックしておけば、野菜不足解消に役立ちます。

一人暮らしの食事はお弁当を利用して節約する

自宅での食事を節約しても、昼食が外食になってしまうと、食費が多くなってしまいます。

出来るだけ食事を節約するためには、昼食もお弁当持参で行くと良いでしょう。

毎朝、お弁当作りをするとなると、時間もコストもかかってしまいます。

その手間を省くために、休日を利用して、まとめてお弁当を作っておくと便利です。

5日分のご飯とおかずを作っておき、それを冷凍保存しておきます。

毎日1日分ずつ持っていくようにします。

出先でレンジがあれば、そこで解凍しても良いですが、朝、自宅でレンチンしてから持っていくのも良いでしょう。

この場合、気温の高い場所ではお弁当が傷みやすくなるので、保冷剤などを利用して、食中毒にならないように十分配慮するようにしましょう。

また、おかずカップはレンチンできる素材のものを選ぶようにします。

一人暮らしの食事は栄養バランスが大事-まとめ

一人暮らしの場合は自分でおかずを作っても、まとめて作ることで食材の無駄を省くことができます。

一食分ずつ食事を作るのは節約を考えたら、時間も手間も、またコストもかかってしまいます。

まとめて作っておき、小分けをして冷凍保存が便利です。

食品によっては冷蔵保存でもできますが、急がしかったり、予定が読めない場合などはそのままになってしまい、せっかく作った食品が傷んでしまう場合があります。

なるべく食品の無駄を無くすためにも、冷凍保存を大いに活用していきたいものです。

それ以外でも常温できるストック食品が安い時に買っておき、常備しておけばかなり便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です