料理が苦手ならクックパッド&レシピ本を使おう!【あきらめない】

こんにちは、ミズキです。

ミズキちゃん

料理が苦手で困っている。料理に自信がないから彼氏に料理をふるまえない…。

こんな風には思っていませんか?

この記事では、料理がうまくなれる方法やコツ、練習方法についてお教えします。

料理が苦手なら数をこなすこと

当たり前のことですが、料理ができないという人ほど、実際料理を数を多くこなしてないのが事実です。

できないから、やらないのではなく、やらないからできないのです。

まずは経験値をつけることから始めましょう!

数こなしていけば、おいしい料理が必ず作れる!

というわけではありませんが、包丁の使い方や、手際の良さなどは見違えるほど変わっていくはずです。

料理が苦手ならクックパッドやレシピ本を使う

初めてのうちから、感覚で味付けをしたりはできません。余った具材でパパっと料理することは難しいわけです。

まずはレシピ本や大人気料理サイトの「クックパッド」に登録してみることをおすすめします。

実際私も料理初心者のときに、クックパッドを活用していました。

クックパッドでは、冷蔵庫に余っている材料を入力して検索するだけで、簡単にたくさんのレシピを閲覧することができます。

ですが、一般の無料会員では、殿堂入りレシピやランキングなどが閲覧することができません。

ぶっちゃけハズレの料理レシピが存在するのも事実です。

クックパッドを利用する場合は、なるべく有料会員に登録するか、「つくれぽ数」の多いレシピを参考にするようにしましょう。

料理が苦手ならクックパッド&レシピ本を見ながら定番料理をマスターしよう

クックパッドやレシピ本を見ながらでよいので、

  • カレー
  • みそ汁
  • 肉じゃが
  • 卵焼き

などの、定番料理をマスターしましょう。

一通りマスターすれば、味付けの加減や、火加減などが次第に体にしみついてきます。

一人暮らしで料理が苦手なら誰かに食べてもらう

一人暮らしの女性や自分のために料理を作る場合は、

  • なんとなく食べれればいいや。
  • 適当な料理でいいや。

と思ってしまいがちですよね笑

これではなかなか上達するのは難しいです。

料理を作るモチベーションを上げるためには、「誰かに食べてもらう」という考えが重要です。

人に料理を食べさせる効果として、

  • おいしい料理を作らないと!
  • 見た目にもこだわったほうがいいのかな?
  • 健康的でバランスの良い料理を提供しないと!

といったような、モチベーションアップを期待することができます。

家族や恋人に食べてもらったときに、アドバイスをもらったり、「おいしい!」と言ってもらえるようになれば、やっぱり嬉しいですよね。

「料理をがんばろう!」という気持ちがグングンと湧いてきます。

料理が苦手だけど上達したら自作のアレンジで調理してみる

料理に少しずつ慣れてきて、一通りレシピをみながらであれば作れるようになったら、アレンジ料理を作ってみましょう。

アレンジの例としては、余ったカレーを普通に食べるのではなく、味を変えるためにカレードリアにしてみたり。

普通のハンバーグではなく、豆腐をつかったヘルシーな豆腐ハンバーグを作ってみたりするわけです。

このように自分で考えて自分の感で作った料理を誰かに食べてもらい、「おいしい!」と言ってもらえれば、さらなる自身にも繋がります。

料理が苦手でも上を目指すならクックパッドにレシピを投稿してみよう

一通り料理を覚え、誰かに「おいしい!」と言ってもらえる料理が作れるようになったら、次はクックパッドにレシピを投稿してみましょう。

自作のアレンジレシピや得意料理、時短レシピなど、なんでも大丈夫です。

投稿した自分のレシピを閲覧して、作ってくれる人が現れたら、とっても嬉しいですよね。

コメントに、

  • おいしかった。
    また作りたいです。

と言ってもらえれば、「もっとおいしい料理を研究しよう!もっと料理の腕を磨こう!」と思えるはずです。

さらなるモチベーションアップにつながるでしょう。

料理が苦手でもあきらめずにクックパッド&レシピ本を使う-まとめ

料理が全くできない人がまず一番にすることは、料理の経験値を増やすことです。

できないからといって、逃げていてはいつまでたっても上達しません。

一通りの料理器具をそろえ、不器用ながらも、始めてみることが大切です。

その時に参考にするべきなのが、クックパッドやレシピ本です。

レシピ本通りの具材や調味量、手順で料理をすれば、おそらく失敗することは少ないでしょう。

まずは毎日コツコツと続けていくことが大事です。

包丁使いに慣れ、手際よく料理ができるようになってきたら、次は料理上手になるためのモチベーションを上げるために、家族や友人、恋人に料理をふるまってみましょう。

この時ふるまう料理は、できるだけ自分が何度か作ってみて、失敗せずにおいしく作れた料理を提供しましょう。

万が一誰かにふるまった初めての料理が大失敗したものになってしまっては、ものすごい落ち込みます。

それによって自分に自信がなくなってしまうこともあります。

「これは失敗しない!」といえる得意レシピをチョイスしましょう。

さらなる向上心を持つために、自作のアレンジレシピをつくってみたり、そのレシピを人に広めていきましょう。

あなたが考案したレシピが他の誰かの役に立って、「おいしい!」と言ってもらえたら、とっても幸せですよね。

料理上手になるためにはモチベーションが最も大切です。

日々、モチベーションアップにつながるような意識を持ち続けることが、料理上手になるための秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です