結婚式準備の大変な6つの理由とは?【想像以上に体力と頭を使います】

こんにちは、ミズキです。

結婚式準備が大変と聞いたのですが、何が大変なのですか?理由を教えて下さい!

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

結婚式は一生に一度のことだから納得がいくものにしたい。誰もがそう望むと思います。

しかし、結婚式の準備は想像以上に体力と頭を使うので本当に大変なんです。

今回は、結婚式準備のどういうところが大変なのかをピックアップしてみました。

ぜひこのポイントを押さえて、結婚式をストレスなく楽しく進めていってほしいと思います。

結婚式準備が大変な理由①-式場見学が疲れる

最初は結婚式に対する夢が強いでしょうから、綺麗な式場を見たりしてテンションが上がるかと思います。

ですが、1回の見学で2~3時間かかります。後半は式の費用等の難しい話も始まるので眠たくなるくらいです。

1日に2、3件回ると後半は相当体力も使い果たしへとへとな状態です。

そうするともうどうでもいいやという思いが強くなり、最後に見学した式場で、まあ悪くなさそうだしここでいいや、と少し適当に決めてしまうパターンもあります。

一生に一度の式なので意気込む分、考えることがたくさんなので、楽しみという気持ちだけでできないのが式場見学です。

結婚式準備が大変な理由②-やることが多い

まず第一に大変な点は、やることが多いということです。

知り合いの結婚式に参列するだけでは感じられないかと思いますが、地道な準備が山ほどあります。

数時間の式を行うのに準備は半年以上かかるんですから、想像するだけでも大変そうですよね。

まずは式の段取りを専門のプランナーさんと決めていきます。

当日の流れから、挿入するBGMから食事の内容、お花の飾り方、余興をどこに入れるか、花嫁の手紙はどうするかなど、あげだしたらきりがないですが、まだまだあります。

このやりとりを数か月かけて行うのです。働いている方は仕事終わりや休日を利用して式場に通わなければいけないので、最初の頃のワクワクもだんだん薄れてくる方も多いです。

結婚式準備が大変な理由③-プランナーが合わないことがある

式場のプランナーさんは、結婚式をあげるうえで、一番大事な方になります。

その方とすべてのことを決めていきますから、ちゃんと信頼できる方でないと頼めませんよね。ですが、たまにどうしても合わないというプランナーさんが出てきます。

基本的に式のことは本人達が決めていくことなのですが、やはり初めてだとどうしたら良いのか分からないことが多いと思います。

そんなときにプランナーさんがいろいろなアドバイスをくれたり、優しく教えてくれたりしてくれればいいのですが、事務的に進めていく方もいます。

こちらの想いはあまりくみ取らず、たんたんと型にはめていくような、愛情を感じられないプランナーさんもいます。

また、プランナーになったばかりで、自分の仕事が精一杯というのが伝わってくるプランナーさんもいます。

そんな方はどういった式を一緒に作っていきましょう!という意気込みがないので、少し当日の式が不安になることがあります。

やはり親身に話を聞いてくれて、一緒に式を盛り上げてくれるようなプランナーさんじゃないと大変な思いをします。

結婚式準備が大変な理由④-座席表が悩む

こちらは披露宴のときの話ですが、披露宴をするとなると、座席表を考えなければなりません。

まずは出席できる人を確認してから、親戚、会社の上司と同僚、友人といったゲストをピックアップし座席を考えます。

すぐに決められるようでこれがかなり時間がかかります。

まず、テーブルに配置する椅子の数が決まっているので、友人の中でも誰と誰を組み合わせようかとか、1人で参加するゲストはどこにいれようかという悩みが生じます。

また、親戚同士でも仲が良くない人達もいるので、この人とこの人はテーブルを離さなきゃいけないとか、考えると本当に大変です。

こればかりは、ゲスト1人1人にベストな配置を決めるのは至難の業なので、半分はあきらめの気持ちで作業した方が良いです。また、ゲストに対して、誰々と一緒になるから話してあげてねとか、そういった事前の配慮をすると良いです。

結婚式準備が大変な理由⑤-とにかくお金がかかる

今時は安い結婚式も登場していますが、やはり大人数を呼んで行う式はとてもお金がかかります。

地方の方よりも、都会の方が土地代も含まれている分高くつきます。

結婚式は少し派手にしたいとか、こういう演出はいれたいとか、いろんなイメージがあるかと思いますが、見積もりを見せられた途端冷めてしまいます。

おそらく、式場見学で提示される見積もりは本当にシンプルなもので、料理は一番安いもの、演出はつけていない状態のものだと思います。

それだけではなんだか寂しい結婚式になると思って、料理や花にこだわったり、デザートビュッフェを取り入れたりすると、いっきに値段が跳ね上がります。

結婚式準備が大変な理由⑥-式の直前でキャンセルする人がでる

おそらく1つの式で1人はいるかと思います。

やむを得ない理由なので仕方がないのですが、準備をするこちらとしたら本当に大変です。

料理のキャンセルから席の変更、もし式の段取りで重要な役の人であれば代役を急いで探さなければいけません。

いかがでしたか?当日は本当に楽しくて夢のような時間を過ごせるのですが、それは大変な事前準備があってのことです。

これからずっと一緒にいるパートナーとうまく話し合いながら楽しく準備したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です