下手くそな運転と思われたくない【運転上手な乗り方を徹底解説】

こんにちは、ミズキです。

周りから下手くそな運転の仕方だと思われたくないです。運転が上手な人と思われる方法ってありませんか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

この記事では「下手くそな運転と思われないための、運転上手な乗り方」について伝えていきます。

下手くそな運転と思われない方法①-急発進・急ブレーキをする

運転が下手くそな人は急発進・急ブレーキをするのが特徴です。

そのため周囲から見ると「急いでいるのかな?」「周りを見ていなかったのかな?」という印象を持たれ、“危ない車“として認識されます。

乗車をしている人が居る場合、その人は非常に乗り心地が悪く、車酔いしてしまうこともあります。

急発進・急ブレーキをすると車内の中でムチ打ち等のケガをしてしまうことがあるので非常に危ない運転です。

運転上手と思われる乗り方をしたい場合は、発進時は徐々にアクセルを踏むことです。

始めからアクセルを踏み込んでしまうと車にも良くないですし、危ないです。

ゆっくりと徐々に徐々にアクセルを踏んでいくと車にも良いですし、スムーズな走りをすることができます。

ブレーキ時は発進時とは反対に徐々に徐々にスピードを落とすことです。

急ブレーキをすると車にも良くないですが、車内では衝突をしたかのような現象が起き怪我の原因になります。

荷物が乗っている場合荷物も落ちてしまったり転がる原因になり、最悪の場合運転席に何らかの物が転がってきてしまうと周囲を巻き込んだ事故を起こしてしまう可能性もあります。

一時停止の場所が近づいてきたり、信号が赤になっている場合など、止まることが事前に分かっている時は停止する所から約30m前後位からアクセルを徐々に弱める、

もしくはアクセルを踏まずに徐々にスピードを落とし、ゆっくりとブレーキを踏んでいくとほとんど衝撃を受けることなく自然に停止線で止まることができます。

下手くそな運転と思われない方法②-ハザードランプ・ウインカーを出すタイミングが遅すぎる

下手くそな運転をする人はハザードランプ・ウインカーを出すタイミングが非常に遅く、ブレーキや車線変更などの何らかの行動をしてからハザードランプ・ウインカーを出すのが特徴です。

そのため下手くそな運転をする車の近くで走行している人は急ブレーキをしなくてはならない状況になったり、手に汗握る運転になるため「事故を起こしそうになった」という怖い気持ちになります。

ですがハザードランプ・ウインカーを出すタイミングが遅い下手くそな運転をする人は“自分が悪い“という感情は一切ありません。

むしろ「なんで危ない運転しているんだよ」などと周囲の運転の方が下手くそだと思っているのも特徴です。

よく危ない運転に遭遇する人は周囲の運転が下手くそなのではなく、自分の運転が下手くそなことがほとんどです。

運転上手と思われる乗り方をしたいのであれば停止する時や車線変更をする時など、ブレーキを踏む前にハザードランプ・ウインカーを出すことが大切です。

これを気を付けるだけで危ない運転に遭遇することはほとんどないと言えます。

下手くそな運転と思われない方法③-細い道で攻める

下手くそな運転をする人は細い道で対向車が居るのにガンガン攻めたり、真ん中を堂々と走行するのが特徴です。

そのため助手席に乗っている人はヒヤヒヤしてしまいます。

また、対向車からすると走行するもできず、端に寄ることも意味がないためどうすることもできない状況になります。

運転上手と思われる運転をしたい場合は対向車が見えたら端に寄ってゆっくりと走行しながらすれ違う、もしくは停車できるところまで行き対向車が通り終わるまで停車します。

「そんなの当り前じゃん!」と思うかもしれませんが、意外とできない方が多いです。

また、下手くそな運転をしている人は端に寄っているつもりでも全く端に寄れていないのも特徴です。

下手くそな運転と思われない方法④-臨機応変な運転ができない

下手くそな運転をする人は臨機応変な運転ができず、周囲の車によく迷惑をかけてしまうのが特徴です。

臨機応変な運転ができないというのは、細い道でこっちに曲がりたいもしくは発進したい車が居るのに、中々発進や右左折せず相手の車を待たせてしまい無駄な時間を作ってしまう。

店舗等の駐車場の出入り口で中々車道に出ることができずアタフタしてしまう。

車や歩行者等の邪魔をしてしまう。

店舗等の入り口付近の駐車場が明らかに混んでいるのに、どうしても店舗等の入り口付近に車を止めようと、車が出る雰囲気がないのに駐車場が空くまで待っていたり。

凄く狭い駐車場なのに無理矢理駐車をしようと何度も切り返し等をして駐車をするなどです。

こうした運転をしている人が臨機応変な運転ができない人になります。

運転上手と思われる運転をしたい場合は周囲の車に極力迷惑をかけない運転をすることです。

例えば店舗等の出入り口等だけが混んでいる駐車場であれば店舗等の出入り口等から少し離れた駐車場に停めるなど、臨機応変な運転を心がけるだけで運転上手と思われます。

下手くそな運転と思われない方法について-まとめ

バック駐車が上手くない人を見て「運転が下手くそ」と思う方がほとんどかと思いますが、危なっかしい場所でのバック駐車でなければ下手くそな運転ではありません。

下手くそな運転の人のバック駐車は両隣に車が停車してあるのに無理に駐車をしようとしたり、車の大きさに対して明らかに駐車できないような駐車場に無理に駐車しようと試みる人です。

何が違うのかと言うと、危なっかしいバック駐車をしない人は自分のバック技術を理解している上で周囲に迷惑をかけない場所でバック駐車をします。

ですが周囲に迷惑がかかるもしくはぶつけてしまう可能性が高い場所で無理にバック駐車をする人は自分のバック技術を理解していない運転が下手くそな人になります。

そのためバック駐車の上手い下手では運転の上手さは関係ありません。

下手くそな運転だと思われたくない人は周囲の車もしく乗車している人に迷惑をかけないことです。

自分勝手な運転をしないだけで運転上手になることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です