運転を上手くなるには?運転のコツってありますか?【苦手意識を克服】

こんにちは、ミズキです。

運転が上手くなるにはどんな練習が必要なんだろう?運転が上手になるコツってありますか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

車の運転は、車を動かすという気持ちで行っていませんか?

最初はそれでいいのですが、慣れてきたら、車を動かすというよりは自分が車になる、あるいは自分が車の目になって運転してみることを意識するといいと思います。

ブレーキや、合図など、いろんな操作がありますが、曲がり角があったら、自然と手や足が動くようになることがポイントです。

運転を上手くなるには運転運転時間を増やすこと

運転する時間を増やすということは、運転する距離を増やすことだと思います。

距離を増やすことで、自然と曲がる回数や、停止する回数も増え、ミラーを見る回数も増えます。

だから、操作が体に身についていき、自然と手足が動くようになる手助けをしてくれるのです。

運転場所は交通量の少ないところ、時間帯をおすすめします。

夜や交通量の多い場所だと、停止時間も多くなり、移動距離も増えず、時間だけが過ぎていってしまいます。

朝や、田舎の道路などがいいと思います。

朝の運転でいつも同じ道を走って、曲がり角が見えたら、曲がるタイミングまで図って曲がるようになれた、いかにすんなり曲がれるかということを最も意識して走り、アクセルをふむタイミングなども考えながら走ることができる、ようなところまでもっていくことができたら上出来だと思います。

このように、同じ道を何回も走ることも効果的ではないかと思います。

だんだん距離感がつかめてきて、運転が簡単に思えてくるのです。

運転を上手くなるには運転を楽しむこと

運転がうまくなるためには、苦手意識をもつと上達していきません。

家の多い住宅街なども苦手意識を持つ原因になってしまうと考えられます。

広くて長い道路をすがすがしく走ることは運転を好きになることにつながると思います。

窓をあけながらの春や秋の季節の運転は気持ちがいいものです。

車の中で季節を楽しむこと、車と一緒に過ごすことを大切にすることもおすすめです。

ミ運転を上手くなるにはラーの角度に注意する

私は以前、それほど気にしていなかったのですが、ミラーの角度が自分の目線にあっていないと、運転中の不安要素は大きくなります。

逆に角度がぴったりあっていると、すんなり曲がれたり、後車の確認ができるので、運転が楽になります。

定期的にずれていないかチェックすることをおすすめします。

最初に車と一体化すると書きましたが、具体的にどういうことかというと、自分が道をランニングしていて、横から別の人が走ってきたら小走りしながら、一時停止する、また走りだすというごく自然にしている動作を、車に乗っている状態でもできるようになるということです。

そのためには、座席が自分の体にフィットしているかも重要ですし、しっかり前が見えていなくてはいけません。

そのような準備万端の状態で、運転量も積み、運転慣れすることが大事です。

そうすることで少しずつ車と一体化できるようになっていくのです。

ある程度、運動神経の良さも関わってくるかもしれませんが、自分なりのペースで行うことが大切です。

運転を上手くなるには車間距離をとる

運転が上手くなるということは、運転がスムーズになることでもあります。

道路を走行していて、車間距離をとっていなければ、自分の運転がスムーズにいかなくなる可能性があるのです。

運転は必ず、別の車を意識して行わなければならないので、車間距離をとることは必ず大事です。

事故を起こしても苦手意識をもたない

1回事故を起こしてしまうと、運転が怖くなってしまうことがあります。

しかし、怖がって運転することは危険にもつながります。

事故を起こさないための準備をしっかり行い、平静を保って運転することが大切です。

運転が上手くなるためには、運転の慣れが重要と書きましたが、その慣れが事故を起こすことにもつながります。

なので、最終的な目標は運転が好きになることであると自分の芯に置くことで、「事故を起こすものか、好きな運転は安全のまま到着したい」と本能的に思い、安全運転につながると思います。

運転を上手くなるにはお気に入りの車を買う

これは効果的だと思います。事故も起こしたくない思いが強まりますし、体が勝手に上手くなることも考えられます。

デザインも重要ですが、自分が運転しやすいことが何より重要ではないかと思います。

最初から運転が上手い人もいませんし、生涯ずっと運転がうまい人もそう多くはありません。

はやく運転が上手くなりたいと思う人は、上記の方法を参考にして、運転を心掛けてみてください。

またそうでない人も毎日決まった運転でなく、気持ちいい運転の仕方や、車を大事にしながら走る、というような意識を持って走行してみると、いいのではないかと思います。

最後に、運転は1人ではなかなか上達しません。誰もが、教習所での講習を受け、指導してもらいます。

その指導の一番最初の記憶を忘れないこと、また講習での繰り返し練習を真剣に行うこととも、今後のその人の運転にも関わってきます。

本番想定で望むことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です