【運転の眠気を防止する方法】眠くなったときの対策はどうする?

こんにちは、ミズキです。

運転中によく眠たくなります。優れた眠気対策の方法ってありませんか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

長距離を運転する時は特に眠気対策が重要です。

2時間を超えた運転を続けてしまうと、状況判断が鈍くなってきてしまいます。

SAやPAなどがあれば、そこで休憩を取るのも良いですが、ない場合はコンビニや町の駅などを利用するのも良い方法です。

また、運転中に体調が思わしくない時は早めに、運転を止め、しばらく駐車できる場所を確保した上で、休憩を取るようにしましょう。

運転中の眠気は思わぬ事故に繋がりやすいので十分に注意が必要です。

運転前はしっかりと睡眠や休養を取り、運転中に眠気が襲って来ないように気を付けたいものです。

車の運転はできれば2人以上運転ができる人が乗車していることが望ましいです。

特に長距離運転の場合は交代ができたほうが、万が一の時も安心です。

休憩中は仮眠を取ったり、食事やトイレ休憩などを行う他、運転中の運動不足を解消するために、歩いたりストレッチなどを行うのも良い方法です。

車の運転は無理をしないことが肝心です。

特にゴールデンウィークなどの行楽シーズンはかなりの混雑が予想されます。

時間的にゆとりのあるスケジュールを組むことで、余計な焦りやストレスを減らすことができます。

運転の眠気を防止する対策

食事の後の運転ではどうしても眠気が襲いやすくなってしまいます。

特に昼食後の午後2時頃は特に眠くなりやすいかもしれません。

眠気対策として、ミント系のガムを噛むのも効果的です。

刺激が強いタイプで眠気対策ができる商品もいろいろとあるので利用してみるのも良いでしょう。

また、夜間も辺りが暗い中での運転なので、昼間よりも視界が見えにくくなってしまいます。

そのため、どうしても目を酷使してしまい、疲労感が増えてしまいます。

また、夜間は眠くなりやすい時間帯でもあるので、車の運転には十分に気を付けたいものです。

夜間の暗い中で、見えにくい服装の歩行者などがいる場合がいるので、十分に注意しましょう。

また、夜間は車の走行量も少なくなり、中には猛スピードで走ってくる車もいます。

常に安全を確保し、眠くて注意散漫になってしまいそうな時は、早めに車を止めて、休憩や仮眠を取るようにしましょう。

少し、横になったり目をつむっているだけでも、眠気を回復できますし、疲労感も軽減することができます。

コーヒーや栄養ドリンクなど、カフェイン系の飲料を利用するのも一つの方法ですが、それだけに頼り過ぎないようにしたいものです。

車を運転する前に十分な休息を取る

長距離を運転する場合、あらかじめ十分な睡眠や休息を取っておくことで、運転中の眠気を減らすことができます。

時間がない時や忙しい時などは、つい睡眠や休憩時間を削ってしまいがちです。

しかし、特に睡眠不足や眠気が強い時は、車の運転を避けるようにしたいものです。

また、薬を服用している時も、車の運転を避けるようにしましょう。

どうしても車の運転が必要な場合は、医師や薬剤師などに相談するようにしましょう。

薬の副作用で眠気が強くなってしまう場合があり、それが運転中の危険リスクを高めてしまいます。

薬の服用だけではなく、いろいろな原因で正常な判断ができにくい場合は、車の運転を控えるようにしましょう。

また、アルコールやアルコールが入った食品を飲食した後ももちろん車の運転はできません。

十分な時間を取り、体内からアルコールが十分に抜けてから、車の運転を行うようにしましょう。

無理をせずに他の移動手段を利用する

場合によっては、どうしても車を運転しなければいけない時もあります。

そのような時は他の車を運転できる人がいない場合は、タクシーや代行を利用するのも一つの方法です。

他にもバスや電車などの公共機関を利用する方法もあります。

日頃から体調管理をきちんと行い、いざという時に車の運転ができないというようなことがないようにしていきたいものです。

あらかじめ長距離での車の運転をしなければいけないことが決まっている場合は、当日にトラブルが起きないためにも、事前からきちんと健康管理をしておくようにしましょう。

特に行楽シーズンは行楽地でいつも以上に体力を使ってしまい、疲労が高くなってしまう場合があります。

それ以外にも気温や環境の変化によって、睡眠がいつも以上に必要になってしまうこともあります。

2時間を目安に仮眠や休息を取ることも必要ですが、それ以外でも、ちょっとした隙間時間を利用して、こまめに休むようにすることで、運転中の眠気を防ぎやすくなります。

運転の眠気を対策する方法として口を動かす-まとめ

運転中に口を動かしていると、比較的眠気を防ぎやすくなるようです。

ガムを噛むのは眠気対策として良い方法ですし、音楽を聴いて一緒に口ずさんだり、同乗者との会話を楽しむのも一つの方法です。

しかし、音楽や会話に夢中になったりしすぎて、運転中の注意が疎かにならないように十分に気を付けたいものです。

事故が起きてからでは取り返しがつかないことも起こり得るのが車の運転です。

自分や周りの人たちの大切な人生を台無しにしないためにも、特に眠気対策は重要ですし、きちんと行っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です