【運転しやすい車ランキング】ペーパードライバーが失敗しない車選びのコツ!

こんにちは、ミズキです。

ペーパードライバーなんだけど、どうやって車を選べば良いんだろう。初心者でも運転しやすい車ってありませんか?

ミズキちゃん

そんな質問に答える記事を書きました。

最近は、免許だけ取って車を持たないと言う「ペーパードライバー」が流行っているそうです。

車を買おうにもお金が無い、維持費が高いと言う理由だそうですが、その結果運転があまり上手でない人が増えているといいます。

今回は、そんな方の為に運転しやすい車をランキング形式にして紹介します。

日ごろ車に乗ることが少ない方、車の運転に自信が無い方は参考にしてみてください。

ペーパードライバーが運転しやすい車の特徴

では、はじめに運転しやすい車はどのようなものになるのか、その特徴について紹介します。

特徴は大きく3つのポイントにまとめられます。

  • 車体が小さい
  • 車の先(ボンネット)が短い
  • 足回りがよく、小回りが利く

この3つです。

まず、車体についてですが車が小さければ小さいほど自分の思う通りに運転ができます。

細い道でも通れるので車を擦る心配も少なくなります。

また、威圧感もすくなく運転者に安心感を与える効果もあります。

つづいてボンネットの長さについては、車をよく運転していると分かるかもしれませんが、ボンネットの先は運転していると分かりづらいモノです。

ボンネットが長い車(セダンタイプなど)を運転することで車間距離がつかめなく追突事故を行う恐れが高くなります。

初心者はボンネットが短い車を選ぶと良いでしょう。

最後に、小回りが利く車について、ハンドルを切るとすぐに曲がる車の方が自分の思った通りに運転ができるのでオススメです。

ランキングについてはこれらを考慮した車種を紹介します。

運転しやすい車種ランキング第5位:トヨタ・ヴィッツ

トヨタ車の中でも非常にコンパクトであり、ファミリー、女性向けに設計されている車として有名です。

車種としては、一番運転しやすいの車というと軽自動車にフォーカスされるのですが、ヴィッツは数ある軽自動車と比べ車体が小型に収まっています。

なおかつ移動性能、スペックなどは乗用車と同じなのでアクセルの効きも良いです。

注目すべきは、足回りです。

軽自動車なみの4.5mの回転半径であり、曲がる際は非常にスムーズに運転ができます。

交差点や車線変更など、大型の車では怖くて進めない場合でも安心して運転できるはずです。

また、運転者のためにサイドミラーに三角窓があり、視界が確保されているのもポイントです。

運転しやすい車種ランキング第4位:日産・マーチ

日産車のコンパクトカーは低燃費性で定評のあるノートがイメージある方多いと思いますが、最近のノートはワンペダル操作の物があります。

レンタカーなどで借りると少し手間取る可能性があります。

マーチは、そのノートと比較し更にコンパクトになっており、なおかつ性能はノートと変わらないので非常におすすめの機種になります。

おすすめしたいポイントは視野の広さです。

運転しやすいポイントには挙げませんでしたが、視野の広さも重要なポイントの一つであり、できるだけ広い範囲がみれればそれだけ事故の確率も減ります。

また、車幅のサイズ感も非常にコンパクトでちょうど良く狭い道に強いという特徴があります。

フォルムが女性向けの車体なので、男性がのるのは抵抗があるかもしれませんが、おすすめの車です。

運転しやすい車種ランキング第3位:ダイハツ・タント

安定の軽自動車からダイハツ車のロングセラー機種、タントを紹介します。

タントのおすすめポイントは、車高、視界の広さ、そして足回りの良さです。

ダイハツの車は徹底的に街乗りに特化したっ車を製造しており、死角ができるだけ少ないように設計されています。

タントはダイハツ車の中でも幅広い年齢層に合わせられる車になっており、最近ではマウントディスプレイの搭載などで、運転者が運転しやすい仕様にするよう努力されています。

特に、車高が高く運転疲れがないところ、そして助手席側にアンダーミラーが搭載されている、などなど他にも細かい工夫がされています。

運転しやすい車種ランキング第2位:トヨタ・アクア

トヨタ車が2台ランクインしていますが、アクアはトヨタ・ヴィッツのハイブリット車の位置づけです。

なので、運転のしやすさはヴィッツと同じであり、なおかつより高性能に設計がされているのがアクアです。

たとえば、エコドライブを補助してくれるモニターがついていたり、パネルが電子表示なので見やすくなっていたりと、初心者に運転がしやすい設計になっています。

運転がしやすく、燃費もよいという一石二鳥な車です。

運転しやすい車種ランキング第1位:ホンダ・N-Box

王者は日本の車の中でも販売台数トップを誇る軽自動車、ホンダ・N-Boxです。

スペックはここで説明する迄もないほど洗礼されており、ボディ、小回り、車高、視野の広さ、などなど全てが満点です。

さらに、軽自動車でありながら荷物がつめるようラゲッジが広く設計してあったり、坂道の運転では4WDへ変更してくれたりと走行のサポートまで万全です。

もし、車を初めて購入される方は是非、N-Boxを検討してみてください。

運転しやすい車種ランキング-まとめ

運転しやすい車について、数台紹介しました。

運転しやすい車の必須条件を全て満たしつつ、低燃費性であったり、車高が高かったりと、運転者に合わせた特徴を持っています。

実際に乗る機会があれば全て試してみて運転しやすい車を選定してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です